印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 29日

房総のむらから印旛沼へ

後輩のS君が佐倉歴博の特別展に来訪という事で、では、という事で印旛沼を紹介方々案内する事としました。
歴博では、アジア文化圏でどの様にして文化の交流が行われて、それぞれの文化に発展して行ったかが分かりやすく解説されていました。それと、印象的だったのは地図を逆さまにしてアジア大陸から日本をみた写真でした。絶海の孤島で、独自の主権と文化を育んできた日本・・・、という既成概念が打ち破られる、大陸とほぼ地続きといっても良い関係で大陸、そして西南諸島との交流のなかで形作られてきた日本、という事が実感できました。

さて、その後は北総の古代を巡るポタリングです。
体験ミュージアムですので、その為の衣装を着けたお嬢さん方です。
(房総のむら)
a0113874_19332123.jpg

その後、竜角寺を巡って印旛沼へ。いつの間にか、田んぼはすっかり取り入れの季節を迎えていました。
a0113874_19353434.jpg

猛暑の中です。捷水路の崩落を避けて、休みながらゆっくりと進みました。
(しかし、崩落、いつになったら修復されるんでしょうかね?)
(ふるさと広場)
a0113874_1938471.jpg

最後は勝田台で打上げ&反省会。歴史と秋の印旛沼を楽しんだ(とってもあつ~い)1日でした。
[PR]

by imba_potter | 2010-08-29 19:43 | 自転車(ポタリング)


<< BD-1改造計画⑯      ブナの山旅 >>