印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 27日

美人林

“十日町から松之山温泉行きのバスに乗り、県立安塚高校松之山分校の前で下車し、松口という集落を目指す。”で始まる文章で坪田和人著「ブナの山旅」の中で紹介される「美人林」を訪ねてきました。
a0113874_21142245.jpg





元来、灌漑用水源とされ、又農業用の鋤や鍬の柄としても重宝され大切にされたブナ林が、戦時中に薪炭用に伐採されてから、長い年月を経て地元の人々の努力で蘇りました。
a0113874_21261287.jpg

わずか3ha程の広さですが、50~70年ほどの若木が先を争って上に伸びる中で形作られた造形美は他のブナ林には見られない良さです。
a0113874_21173542.jpg

他の種類の木が一切混じっていない、というのもこのブナ林の魅力を際立たせています。
a0113874_21194537.jpg

美人の林、ネーミング通りにとっても綺麗な林。
年間10万人が訪れるそうですが、長く愛されて欲しい、貴重な空間にゆったりとした時間を頂きました。
[PR]

by imba_potter | 2010-09-27 21:21 | 日々のよしなし事


<< 棚田      実りの季節 >>