印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 19日

赤穂浪士討入り凱旋の旅-後編

永代橋を渡った浪士一向は一路泉岳寺を目指した筈ですが、現代の老師達はチョッとばかり佃島方面に寄り道しました。
(東京海洋大学 明治丸)
a0113874_2326337.jpg





スカイツリー人気の中、些か影が薄くなった感がありますが、我々世代には夢の象徴でした。
(築地市場と東京タワー)
a0113874_23271982.jpg

もう、開かなくなってから大分の時がたったそうです。
(勝鬨橋)
a0113874_23291284.jpg

風薫る・・・、の辞世の句を残して無念の切腹をした浅野内匠頭終焉の地、田村右京太夫屋敷跡。行ってみたら、マッカーサー道路建築の最中で、遺構を偲ぶものは綺麗さっぱり何一つ無くなっていました。
(新正堂)
a0113874_23322861.jpg

その後、現代の老師一行は再び浪士達の辿った道筋に復帰して、高輪泉岳寺を目指したのです。
途中で足を止めた某自動車メーカーの本社前にて、省エネ移動手段2題。(電気自動車とjitensha)
(芝海岸 勝海舟・西郷隆盛会見の地)
a0113874_23454090.jpg

そして、旅の大詰め。泉岳寺にて旧主に討ち入り成就の報告をした浪士達の墓に詣でた一行は、次なる目的地、お預け4家の旅に再び出発したのでした。
この度の旅の最後を締めくくるのは、浪士の中で唯一83歳の天寿を全うした寺坂吉右衛門の墓のある麻布曹渓寺。
檀家中心の運営とか、参拝は丁重に断られましたがひっそりとした佇まいは、同士の冥福を祈りつつ寺男として余生を過ごした寺坂を偲ぶに相応しい場所でした。合掌。
a0113874_2354331.jpg

(今回のコース)
走行距離 (大体)30Kmくらい。
a0113874_2355831.jpg

(おまけ)
a0113874_23554031.jpg

[PR]

by imba_potter | 2010-12-19 23:33 | 自転車(ポタリング)


<< 幕張新都心サイクリングと自転車...      赤穂浪士討入り凱旋の旅-前編 >>