印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 29日

日本の心を訪ねる

民藝の創始者、柳宗悦が作った日本民藝館で「東北の工芸と棟方志功」展が開かれているので、行ってみました。日本民藝館は柳宗悦を中心として、濱田庄司、河井寛次郎、バーナード・リーチ、そして棟方志功など柳の民藝運動に同調する人々の作品と、そしてなにより民の暮らしから生み出される美の数々を収集した日本でも屈指の美術館(と自分は思っています)です。
a0113874_20513022.jpg

今回心を打たれたのは、東北地方で生活に使われていた日用雑器と背負子、蓑などの工芸品の数々。いずれも、それと意識せずに生み出された造形の美しさです。(写真は禁止ですのでありません。)
a0113874_20544982.jpg

で、その後は同じく日本が生み出した美(味)。東中野の某店での日本酒の会に出席して、ただひたすらに飲み続けたのでした。
a0113874_20561426.jpg

[PR]

by imba_potter | 2012-05-29 20:57 | 日々のよしなし事


<<  バーナード・リーチ日本絵日記      事務食 >>