印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 31日

 バーナード・リーチ日本絵日記

日本をこよなく愛し、日本人以上に日本を理解した英国人、バーナード・リーチが明治42年の初来日以来、変わらず見つめ続けてきた古き良き日本を戦後の初来日で辿った日記。
旅行記としても、文化人類学誌としても、日本と日本人に対する変わらずやさしく、しばしば辛辣な眼差しは現代に生きる我々にも勇気と警鐘を与えてくれるメッセージです。
a0113874_0461650.jpg

[PR]

by imba_potter | 2012-05-31 00:46 | 日々のよしなし事


<< しまなみは心をつなぐ      日本の心を訪ねる >>