印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 21日

八重山巡り(7)(西表島)

滞在僅か2時間で次の目的地、西表島に向かいました。
竹富島と西表島、お互いに目と鼻の先に見えているのに高速艇で40分も掛かりました。(この辺りはサンゴ礁なので、目の前に見えていても直線では向かえないのですね。)
日本最南端の信号。
島に2つしかない信号の一つで、もう一つは小学校前に小学生の教育のためにあるそうです。
a0113874_22192582.jpg




バスで移動する途中にところどころ目にする看板、イリオモテヤマネコ保護の標識です。
a0113874_22203695.jpg

ガイドさんの名調子に乗せられて40分ほどの行程があっという間に過ぎました。
そして、由布島。写真その他では良く目にしますが、あの水牛で島渡りするところです。おのぼり観光団の一員としては当然乗りますね。
音もなく水牛の足が水面を叩くピシャピシャという音だけが響くのどかな風景です。
a0113874_22223729.jpg

で、10分程で到着したのが由布島といいます。ここは元々は集落があったそうですが、度重なる台風のために一村がこぞって西表本島に移住してしまい、残った一人のお爺さんの根性で現在のようなサンクチュアリになったそうです。
水牛さんの家系図と、その謂れを記した記念碑がありました。(元々は台湾から農耕用に連れて来られたそうです。)
a0113874_22264228.jpg

次は、この小さな島のサンクチュアリ振りについてです。

続く
[PR]

by imba_potter | 2013-03-21 22:27 |


<< チョッと見ないうちに      吉高の大桜~いま >>