印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 18日

韓国紀行(1)DMZツァーの巻

大学のクラスメートで、退職後に夫妻で韓国に留学中の友人を囲んだ「クラス会inソウル」に行ってきました。
海外には相当馴染んだ感はあるのですが、今回は文字がまず分からない、それとご存知の対日感情がどうかという事などもあって、ドキドキの出発でした。順不同ですが、感想が薄れない内に記しておく事とします。

(1)DMZツァーの巻。
DMZとはDemilitalized Zone(非武装地帯)の略です。そこに行くには参加資格制限と、ドレスコードのあるツァーに参加します。

イムジン河(臨津江)。
フォーク世代ならば一度は口ずさんだ記憶のあるメロディーが思い浮かぶと思いますが、その様なセンチメンタルな気持ちは平和ボケの自分たちの勝手な思い込みと感じます。(向こう岸は北朝鮮。)
a0113874_22431593.jpg

板門店。
南北の兵士が交代でお互いの監視に付いている、正に最前線です。
a0113874_2248398.jpg

向こう側は北朝鮮の監視施設。双眼鏡で兵士が監視しています。
a0113874_22504912.jpg

真ん中の盛り上がった所が、軍事境界線。
a0113874_22524875.jpg

その他にも、北側が秘密裏に掘り進めた(と説明のある)侵略用のトンネル見学などもあってハラハラ、ドキドキの観光コースでした。
a0113874_2255850.jpg

ガイドさんの説明では、こうした守備の兵士の95%は韓国軍が負担しているそうですが、この様な緊張感の中で守られている平和の尊さと厳しさを学んだ一日でした。

続く
[PR]

by imba_potter | 2013-11-18 22:58 |


<< 韓国紀行(2)景福宮の巻      忘れてきたもの >>