印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 29日

韓国紀行(6)韓国料理の巻(その2)

DMZツァーは昼食付きです。連れて行っていただいたのは「プルコギ鍋」のお店。都心から離れた郊外の一軒家レストランでした。
a0113874_21472483.jpg

プルコギと言えば、ジンギスカン鍋の様なものに味付きの肉を乗せて焼く焼肉の事と思いますが、プルコギ鍋とはどんなものなのでしょうか。確かに鍋ですね。
a0113874_21501945.jpg

例のプルコギ肉が鍋の中で野菜と一緒に煮込まれて行きます。いわば韓國風すき焼き。そういった方が分かりやすいですね、味も似てるし。まぁまぁというところでしょうか。可もなし、不可もなし。
a0113874_21514690.jpg

お店の前にはこの様なつぼがならんでいます。味噌や醤油を蓄えておく為に、どの家でも外に出して置くそうです。因みに、キムチは最近では専用冷蔵庫で屋内に貯蔵するそうです。
a0113874_2220128.jpg


翌日の昼食にお邪魔したのが、サムギョプサルのお店です。江南(カンナム)地区にある、サムギョプサル街にある名店です。
どーんと出てきたのが、こちらの野菜の山。誰が食べるんでしょう、この膨大な量の野菜。
a0113874_2154975.jpg

付け合せもドンドンと出てきます。
a0113874_21552274.jpg

そして、豚の三枚肉。
a0113874_21555980.jpg

焼いた三枚肉を付け合せと一緒に野菜にくるんで食べる、というのが仕組みらしいです。しかし、このくるむのが中々難しい。(端からポタポタと漏れたりして・・・。)可成りディープなお店ですが、綺麗な服装をした若いカップルがデートできて、男の子があぁ~んとして、女の子が口に入れてあげたり・・・。(羨ましいですね。)
a0113874_21584741.jpg

しかし、焼肉というよりは、ハーブを肉と一緒に食べる感じ。これは中々ヘルシーでよろしい。

次に、市場を紹介しておきましょう。大体が切り盛りしているのは元気なオバサンです。
a0113874_2263271.jpg

友人によればこの血入りのソーセージが大変美味だそうです。(こぇー・・・。)
a0113874_2264143.jpg

こういうのは普通にありますね。
a0113874_2272247.jpg

いい雰囲気のおばちゃんですね。
a0113874_2281643.jpg

なんか分からないけど、エライ人だかりです。
a0113874_22114889.jpg

おじさん達はおとなしく焼酎を生でのんでますね。
a0113874_22124493.jpg

大変な混み具合でしたが、何故か静かな雰囲気の中に皆さん楽しんでおられるようでした。
最後に、これを紹介しておきましょう。あの、伝説の食材が実際に売られていました。お店の方の声を掛けられましたが、申し訳ありませんが今回はパスさせていただきました。(何かは看板で判断して下さい。)
a0113874_22141985.jpg

この項、終わり。
[PR]

by imba_potter | 2013-11-29 22:03 |


<< おはロング12月~加曽利貝塚・...      韓国紀行(5)韓国料理の巻(その1) >>