印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 09日

冬の谷津田に春を感ずる

1月8日(金)カラッと晴れた空に誘われて自転車で出かける事にしました。“泉カントリーの横から谷津田を通って…”、という連れ合いのリクエストに従って行くことになりました。
青空、風もなく気持ち良いサイクリングの予感がします。
a0113874_20593553.jpg

すっかり葉を落とした冬枯れの里山に青空が映えます。
a0113874_2101476.jpg

総武カントリーの横を通る時、いつも思うこと。“ここどこだろう?”
a0113874_211012.jpg

どことなく軽井沢にも似た道、タイヤの接地音が心地よく響きます。
a0113874_2114743.jpg

そのまま直進すると谷津田に出ます。谷津田は千葉県に多くみられる地形で、丘と丘に挟まれた谷間の田んぼの中に生活路ともいえる細道が続いています。
a0113874_2134983.jpg

“良い空。”“うん、だね。”
ふと見上げればそこには大きな空が広がっていました。
a0113874_215369.jpg

春と呼ぶにはまだ早すぎるのでしょうが、そう感ぜずにはいられない明るさの綺麗な青空でした。
a0113874_2155865.jpg

印旛日医大の横のもぎ取り菜園、小カブ2円、赤カブ5円とあります。自分で取ってお金を入れて行く、究極のセルフサービスです。
a0113874_2175220.jpg

以前から気になっていた庚申塚、年代を見たら明治40年とありました。今はさびれてしまった小道も古道の一部だったんですね。
a0113874_2193652.jpg

船戸大橋から印旛沼を望みます。新道を作っている間側道があってゆっくりと眺めるこの角度が貴重です。
a0113874_2110582.jpg

最後にいつものお寿司屋でワンコイン寿司を頂いて都合3時間のポタリングも終わり。まだ先の事と知りつつもちょっとだけ感じた春にあったかい気持ちでゆるゆると帰りました。
a0113874_21113467.jpg

走行距離40.8Km
a0113874_21162228.jpg

[PR]

by imba_potter | 2016-01-09 21:20 | 自転車(ポタリング)


<< ならクル=その①      冬のりんりんロードを走って駅う... >>