印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 11日

ならクル=その②

12月16日(水)奈良の旅2日目です。
朝8時、手作り感のあふれる美味しい朝食を頂きました。
a0113874_15533025.jpg

インテリアに使われているのは韓国の手工芸品、「ポジャギ」という布だと伺いました。
a0113874_1555134.jpg

女将は“奈良コンシエルジュ”として宿泊客をおもてなしされているそうですが、自分たちにもいろいろと奈良の魅力を教えて頂きました。その一つが、昨日の春日大社の「おん祭」です。今日は東大寺の「良弁忌」に当たるそうで、特別開帳があると教えて下さいました。
早速東大寺の裏にあるお堂に向かう事にしました。
a0113874_1558364.jpg

まだ人影の少ない道を自転車を押して登ります。因みに、駐輪場がある事は予め確認してあります。
a0113874_15592481.jpg

2月堂の前で警備員さんに尋ねました。
“あの、自転車どこに停めさせて頂いたらよろしいでしょうか?”
“あっ、それでしたらそのお堂の裏手にでも停めておいて下さい。”
a0113874_1604442.jpg

先ずは開山堂の良弁上人坐像を拝観します。1年に1度、この日にしか拝観できないのだそうです。生き生きとしたお像で東大寺の創建の中心人物であられる迫力は十分に感じられました。
(お像は撮影禁止です。許可を頂いて開山堂だけ撮らせていただきました。)
a0113874_1632278.jpg

10時の開扉の時には余り行列はなかったのですが、出てきたらこの様に長い行列になっていました。
a0113874_1642130.jpg

続いて法華堂(三月堂)で執金剛神立像を拝観します。こちらもこの日だけしか開扉されないのだそうです。奈良の昔に作られたとは思えないほど色彩も鮮やかなお像でした。(写真はありません。)

思いもかけず良い奈良の巡り合いを楽しませて頂いて、預かっていただいた宿に戻り荷物を受け取って出発しました。
宿の女将です。
a0113874_1683883.jpg

みちすがら1か所寄りたいところがありました。それは転害門にある観光案内所です。こちらはもともとは銀行の支店として建てられたものだそうですが、現在は観光案内所になっています。木造で辺りの環境にも配慮した有名建築家の作品だそうです。
a0113874_16105159.jpg

実は昨日立ち寄った時に、自転車好きのボランティアの女性の方がいて京都までママチャリで行くという話をされてたのでもう少し続きを聞ければと思ったのですが、生憎その方はお休みでした。
a0113874_16342490.jpg

代わりに別のボランティアの方が付ききりで説明をして下さいました。
転害門、国宝だそうです。
a0113874_1613791.jpg

門の礎石に点々と小さな穴が開いています。どういう謂れかは分からないのだそうですが、後世の民間信仰の名残と仰っておられました。
a0113874_1614283.jpg

柱に点々と残る傷跡。歴史の舞台として受けた矢玉の跡だそうです。松永弾正久秀の焼き討ちにもあったのでだそうです。
a0113874_16152653.jpg

道草ばかりしてなかなか進みませんが、今日は明日香村まで行く予定になっているのです。
ふと気づいたらもうお昼時、実はもう一軒寄りたい場所があったのです。
“行く?”“うん。”すぐ決まりました、昨日のうどん屋さんです。
a0113874_161715.jpg

実は昨日“かすうどん”の話をご主人から聞いて、是非一度食べてみたいと思ったのでした。“かす”とは牛の小腸の油を抜いて、それをその油で揚げたソウルフードだそうです。関西にしかありません。その“かす”が入ったうどんを頂きました。あっさりした中にもコクのある味でした。水菜もしゃきしゃきと美味しかったです。
a0113874_16192191.jpg

随分と道草を食ってようやく明日香村へのルート、「上つ道ルート」を走り始めたのは12時をとうに回っていました。
a0113874_16204315.jpg

良く考えられた良いルートです。天理市、天理教の本部横も通りました。
a0113874_16212410.jpg

チョッと冷えたからでしょうか、お腹の不調を二人とも感じて天理教の施設に寄らせていただきました。(駐輪禁止とありますが、交代で行きましたので駐輪ではないと勝手に理解してました。)
a0113874_1622933.jpg

“軽量化”して再び出発。途中からルートを外れて“山の辺の道”に入りました。
a0113874_16232075.jpg

応神天皇陵。いにしえの歴史の中を行く道、前から1度走ってみたいと思っていたのです。
a0113874_1624123.jpg

奈良三山のどれでしょうか、スポットライトの様に太陽が当たって神々しい雰囲気を感じます。
a0113874_1625113.jpg

分くらいは押しが入りますが楽しめるルートでした。
a0113874_16261449.jpg

途中ちょっとだけ道に迷いかけて明日香村に到着、宿は民宿です。明日香村の中での行き方が分からなかったので、観光協会に電話したらお姉さんが道に出て呼んでくれました。直ぐ近くだったんですね。そこからお姉さんに先導されてなんとか目指す宿に着くことができました。天気は今一つだっだですが、色々な発見や出会い、面白いルートなどで盛りだくさんな1日となりました。
走行距離37.7Km
[PR]

by imba_potter | 2016-01-11 16:31 |


<< 激寒の房総で氷雨に打たれて水仙を見る      不動尊に詣でて桃源郷を見る >>