印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 02日

河童に出会った

昨日の春の嵐とは打って変わって静かな晴天の今日、出かける事にしました。行先はいつものルートですが、気持ちの良い日ですので少しだけ伸ばしてみます。
新川の桜も大分開いてきました。
a0113874_17114264.jpg

静かな新川の川面です。
a0113874_1712792.jpg

対岸の桜並木が水に映えて綺麗です。
a0113874_17124516.jpg

千葉ニュータウンを通過します。
a0113874_17131438.jpg

小林牧場では競走馬の飼育をしています。春には桜の名所として一般にも開放されます。
a0113874_1714722.jpg

その後旧本埜村の白鳥飛来地の近くを通って、安食の某店で昼食をと思ってJRの踏切に差し掛かった時です。???
何か変わったものの像が目に入りました。
a0113874_17153195.jpg

一度通過したのですが、又戻って確認しました。とがった口、出っ張ったお腹、頭の笠、どう見ても河童です。隣のお地蔵さんと並んで立つその風貌、年輪の入った石の肌合いからして相当古いものとみ受けました。恐らくこの辺り、昭和44年に大和田の機場が完成して完全に印旛沼の治水が完了するまでは度々水害に見舞われた事でしょう。そうした頃、水の安全の気持ちを込めて地元の人が立てたのではないかと想像しました。しかし、いままでも何度も通っていたのですが気づきませんでした。恐らくは冬枯れで木が無くなっていたから見えたのではないかと思いました。
a0113874_17191182.jpg

お昼の後はいつもの北印旛沼サイクリングロードを通って帰路に付きました。途中で酒直水門の手前で工事通行止めになっていました。一瞬焦りましたが、幸いにもう回路があったので事なきを得ました。
a0113874_17204811.jpg

帰りは軽い向かい風となりましたが、ゆるい風だったので気持ちよく走ります。
a0113874_1722871.jpg

あれっ?ふるさと広場前の風車のある公園では土の中からかわいらしいチューリップの目が覗いていました。だれもが待ち焦がれる春ももうすぐそこに来ているんですね。
a0113874_17232577.jpg

a0113874_17234293.jpg

走行距離67km
[PR]

by imba_potter | 2016-03-02 17:24 | 自転車(ポタリング)


<< 野焼きは春の訪れ      菜の花サイクリングが晴れた! >>