印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 07日

野焼きは春の訪れ

(3月5日)
3月に入ってから中々天気が思うに任せず、走る機会が得られませんでした。今日は3回目のポタリングです。(5日間で3回乗ってれば十分だろうって?そういうご意見もあります。)
新川沿いの彼岸桜は見ごろを迎えていて、道の駅近くのサイクリングロードには沢山の人が出ていました。
a0113874_1640202.jpg

いつものサイクリングコースを一周して帰路に着いたら間もなくの事です。遠くに煙の立つのが見えました。春を告げる野焼きです。何か季節の移ろいが実感されて、煙のにおいも郷愁を呼ぶ良い風景と見ています。
a0113874_16413185.jpg

あれっ?何だか大きな炎が上がっているではありませんか。
a0113874_1643183.jpg

近づいてみますとこんな感じで、人の背丈より高く炎が上がって黒煙を上げていました。焼いている農家の人は安全を確認しながらやっているのでしょうが、のどかを通りこして怖い様な景色でした。
a0113874_16443210.jpg

野焼きの事故はこの季節時々ニュースで伝えられます。くれぐれも用心して欲しいものと思いながら帰りました。
走行距離50.2km
[PR]

by imba_potter | 2016-03-07 16:48 | 自転車(ポタリング)


<< 養老川を遡って初音を聞く      河童に出会った >>