印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 23日

豊洲でビアチキンを焼く

先日紹介したスペイン語クラスのBBQの当日となりました。場所は豊洲というところです。都会の真ん中、高層ビルを眺めながらのBBQとは随分とまぁオサレですね。
a0113874_1758823.jpg

定刻の16時、皆さん三々五々集まってきていますね。
a0113874_175943.jpg

集合写真1発目、“queso”(ケソー(スペイン語でチーズのこと))。これじゃ口角が広がりませんね。
a0113874_181312.jpg

こちらは用具から食材まですべて用意して頂ける仕組みの様です。飲み物とか食べ物とかの持ち込みもOKだそうです。
a0113874_182364.jpg

男性陣は火おこしから。
a0113874_183548.jpg

そして女性陣は食材の準備と、手際よく進めます。
a0113874_1843227.jpg

一息ついたところで、何はともあれ乾杯しましょう。
“Brindamos!”“Salud!”
a0113874_1832459.jpg

後は焼きながら、飲みながら歓談します。
a0113874_1871096.jpg

今回知ったのは結構皆さんJICAの青年海外協力隊とかでスペイン語圏に行ってた人がいた事でした。若い人たちの挑戦心に日本もまだまだ大丈夫と心を強くしました。
a0113874_1873735.jpg

焼きパイナップル。南米では割と普通の食べ方なのだそうです。
a0113874_1881328.jpg

頃合いを見て頂きました。うん、うん。確かに酸味が飛んで甘みが強まるような気がします。
a0113874_1885940.jpg

この後、ビアチキンという本日のメイン食材が登場しました。内臓を抜いたままの丸一匹の鳥のお腹に半分だけ飲んで半分残したビール缶を差し込んで火の回りに置きます。その後ふたをして、25分。更に向きを変えて25分、合計50分蒸し焼きにします。聞けば去年はやり方を間違えて大失敗だったそうですが、今回は年の功で自分が配られているレシピ通りにやってバッチリ、美味しい美味しいの連発でした。(焼きに徹していたので、写真はありません。)
そうこうする内に良い具合に黄昏てきました。ワインの酔いも回ってきました。
a0113874_18125171.jpg

夕方になって海風が涼しくて気持ちいい中、その後も話は弾んで良い時間が過ぎて行ったのでした。
誘ってくれた皆さんありがとうございました。劣等生な自分ですが、またクラスでもよろしくお願いいたします。
a0113874_18141063.jpg

[PR]

by imba_potter | 2016-05-23 18:14 | 日々のよしなし事


<< ショップの納涼会のことなど      サイクリングロードでUFOに出会う >>