印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 20日

BBQの後日本のポンペイに災害を偲ぶ

この時期恒例となっている友人の別宅での会合に出かけてきました。
場所は別荘地で有名な長野県のとある町からほど近い場所です。アウトレットモールの駐車場に集合して、お昼に向かいました。佐久の鯉料理のお店です。
a0113874_1453631.jpg

自分は鯉料理が好物なので嬉しかったですが、何人かは鯉はダメという人もいてウナギにしていました。ぶつ切りにした鯉を味噌味の汁で煮た鯉こくはとても美味しいものでした。
a0113874_1454735.jpg

その後は途中のスーパーで食材を買い、友人宅でのBBQとなりました。自分はここ数年は焼き掛かりになっています。途中からは酔っぱらいながらですが何とか焼き終えました。
a0113874_1456675.jpg

この時期山の天気はとても不安定ですが、夕べから降ったりやんだりの空模様は朝になっても変わりません。
a0113874_14565589.jpg

二日酔いで痛む頭を抱えながらですが、昨日の食材の残りで朝食をとりました。空気が澄んでいるので美味しく頂けます。
a0113874_14575257.jpg

食事の後少し歓談してから解散となりました。自分はある場所に寄りたかったので皆とは反対の群馬県の方向に向かいました。
途中の農園の直売所で名産のキャベツとトウモロコシを買いました。
a0113874_14592647.jpg

目指したのは「鎌原観音堂」。天明の浅間山の大噴火で発生した火砕流に全村が飲み込まれ、477人の犠牲者を出し、その後昭和、平成の発掘により埋もれた村が発見された「日本のポンペイ」と呼ばれる場所です。観音堂はその際、村人が避難して97人が助かった場所、以前から一度来たいと思っていました。
a0113874_152322.jpg

観音堂手前の15段の階段の下には埋まってしまっていた35段の階段がありました。その最下部に母親と思われる女性とそれを背負った若い女性の遺体が発見されたそうです。階段を登り掛けたところに後ろから迫った火砕流に飲み込まれてしまったのでしょう、いたわしい事です。
a0113874_1541831.jpg

犠牲者977人の名前がびっしりと記された供養塔です。
a0113874_1562988.jpg

近くの記念館で当時の様々な暮らし向きを偲ばせる発掘品や災害の様子を再現した展示を見学して、つい最近も日本を襲った大災害の事を考えていました。
その後は吾妻川に沿って道を下り、関越道経由で帰る事にしました。お昼時間になったのでどこかでお昼をと思い以前行ったことのあるモツ煮の人気店が近かったので寄る事にしました。平日の昼間ですが、この行列です。
a0113874_1582238.jpg

モツ煮定食。モツ大盛り、ごはん半ライスで740円なりです。味は変わらずあっさり系で美味しかったです。
a0113874_1592668.jpg

その後はお腹が一杯になったのと、夕べの睡眠不足で襲ってくる睡魔と闘いながら何度もSAで仮眠をとったりしながら時間を掛けてようやく自宅まで帰りつきました。(歳をとると長距離のドライブは段々とキツくなってくるのを実感した日でした。)
[PR]

by imba_potter | 2016-08-20 15:11 |


<< 生涯学習にチャレンジしてみる      ロードバイクにサイドスタンドを付ける >>