印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 22日

生涯学習にチャレンジしてみる

年金生活者としてはコストを抑えつつ世間に迷惑を掛けずに片隅でひっそりと生きる、が課題です。そんな目で周りを見回していたところ、うってつけの場所が見つかりました。「生涯学習プラザ」、良い響きではありませんか。実はこの施設、線路の脇にあるので現役の頃はちらちらと目に入っていたのですが、そのままになっていてお邪魔するのは今回が初めてでした。
a0113874_11511014.jpg

4階建ての立派なビルで、1階にプール、4階がジムになっている様です。運営は民間に委託されていて若い人達がきびきびと対応してくれました。
早速入館料を払って試してみました。ジムの方は見様見真似で何とかできたのですが、プールでは色々とありました。まず、泳ぐ方向が分からずに片道通行を逆走してしまいました。そのあと、ピーっという笛の音で一旦上がらなければいけなかった様ですがそれに気づかずにいて注意されました。最後は腕時計をはめたまま入ってはいけなかったらしくそれも注意されました。しかし、冒頭に書いた通り、老人は片隅でひっそりとがモットーですからいずれの時も素直に謝って従いました。(泳ぐ方向については表示が分かりずらかったのですが、脇にいた中年の男性が“わかりずらいですよね”と同情してくれたのが嬉しかったです。)
生涯学習もなかなか年寄りには骨の折れる事ではありますが、少しずつ頑張ってみる積りです。
[PR]

by imba_potter | 2016-08-22 11:57 | 日々のよしなし事


<< 草の様子を見に走る      BBQの後日本のポンペイに災害を偲ぶ >>