印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 11日

大人の仲間入りをする

某月某日、また誕生日が来ました。今年の誕生日には少し今までと違う訳がありました。それは、これまでは無職の年金生活者予備軍だったのですが晴れて年金生活者と胸を張って(?)呼ばれる事ができる歳になったという事です。自分の中ではようやく大人の仲間入りが果たせたと言う様な晴れがましい気分がしました。
そんな訳で(どんな訳?)久しぶりのポタリングに出かける事にしました。体調が相変わらずいま一つなので、きょうはふるさと広場をスタートゴールにしました。
係の人がコスモスの草むしりをしています。一人前の年金生活者はこういうボランティアにも応募しないといけないのでしょうか。
a0113874_21405663.jpg

田んぼの稲は大分刈り入れが進んでいます。シラサギは相変わらずコンバインを追い回して、後ろに出てくる虫やカエルの捕食に精が出ます。
a0113874_21423585.jpg

印旛沼の周りにはこうした干拓時の残りの用水路が沢山見られます。
a0113874_21442630.jpg

今日目指したのはこちらです、初めてお邪魔します。
a0113874_2145118.jpg

庭先のうなぎ幟(これを称してうなぎ昇りというのでしょうか?)も良い感じです。
a0113874_21462681.jpg

肝吸いの代わりにもくず蟹の味噌汁が付いていました。お味の方も中々良かったですが、嬉しいのはそのお値段。チョッと記すのは憚られますが、年金生活者には有難い味方でした。
a0113874_21475421.jpg

少し元気が出たので、坂を登ってみました。そこには宗吾霊堂がありました。佐倉宗吾といえば、千葉県内の小中学生は必ず学校でその伝記を習わされたというくらいの存在ですが、その義民惣五郎を祀るお寺です。
a0113874_21504137.jpg

その昔、佐倉藩国家老の暴政を4代将軍家綱に直訴した罪で処刑されたその場所が今は墓地になっています。
a0113874_2153617.jpg

徳川家の第16代当主徳川家達(いえさと)公の書による扁額なども由緒あるお寺であることを感じます。
a0113874_2158236.jpg

ご一代記館というものもあるらしいです。説明によれば、人形66体13場面の立体パノラマで宗吾の生涯を再現しているのだそうです。なるほど、年間250万人の参拝客とHPにはありましたがミニテーマパークの様相な訳です。(しかし、この日参拝客は自分達2名しかいませんでしたけど…。)
a0113874_220567.jpg

静かなミニテーマパーク(失礼)を後に、そこからやや暫く行ったところにある洋菓子店にお邪魔しました。こちらは鄙(また失礼)にもまれなる洗練された洋菓子を製造販売しています。元々は東京でお店を出していたのを先代の時代に移ってこられたそうでした。(場所柄千葉県にはそういう謂れを持つお店が良くあります。)
a0113874_2232620.jpg

そこで2切れのケーキを購入しフロントバッグがガタガタしない様に気を付けながらよろよろとふるさと広場まで戻ったのでした。
a0113874_22598.jpg

明日からはますます正しい高齢者の生活に精進しないといけません。
走行距離35.0km
[PR]

by imba_potter | 2016-09-11 22:06 | 自転車(ポタリング)


<< 1日トライアスロンに挑戦する      早朝散歩に出かけてみる >>