印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 25日

秋なのでそば祭りに出かける

いつもそば粉の購入でお世話になっている農園の方から「そば祭り」の案内がありました。名人も来られるそうです。そば打ち初心者の自分としてはこれは行かない手はなかろうという事で、今日も関東平野の真ん中まで来てしまいました。
10日ほど前にピーナツ掘りにも来たのですが、その時はまだそばの花はようやく蕾が開いたところでした。今日は満開です。
a0113874_1746981.jpg

先日の台風で少し倒れているのが気になりますけど、見ごろのそばの花を堪能させて頂きました。
a0113874_17465585.jpg

渋滞を予想して早めに家を出たのですが、順調に来たので時間が余ってしまい近くの森を散歩しました。曼珠沙華、今色んな場所で赤い花が目立ちますね。
a0113874_174830100.jpg

栗ときのこ。思わず拾いたくなりましたが、持ち主さんがいるので遠慮しました。
a0113874_17492329.jpg

暫くして受付が開始になったので受付を済ませて会場に入りました。もうそば打ちが始まっています。今日は300人近くの人が来られるようなので用意するそばの量も半端ないはずで、こうして早くから打っておられるのですね。しかし、その手際の良さにはほれぼれするのと同時に、自分の下手さ加減が身に染みました。
a0113874_17512946.jpg

道具も違います。このめん棒は随分と細いですね。自分らには扱いにくいと思います。
a0113874_17522123.jpg

10時半の定刻になったので開会式が始まりました。最初にファームの社長さんのご挨拶、そしてユーモアたっぷりに名人が挨拶されました。
a0113874_17532012.jpg

あとは受付順に割り振られた番号に沿ってそばが振る舞われました。
a0113874_1754196.jpg

こうして順番を待つ間にも名人がそばを打っていますので、これを見逃してはならじとかぶりつきで見ていました。
うぅ~ん。そば粉がまるで生きている様にどんどんと形を変えてきれいなそばになって行く様はとても見ごたえのあるものでした。
a0113874_1756258.jpg

そうこうする内に順番がきて、そばが振る舞われました。やはり自分が打ったのとは随分と違うものでしたが、目指すところが分かったという気がして嬉しかったです。因みに名人に依れば、二八そばが一番おいしいという事でした。納得です。
a0113874_17573676.jpg

そばを二枚美味しく頂いて、次の回の方々と席を変わりました。
a0113874_17591110.jpg

今後の参考にと、名人のDVDと写真入りのそばの本を購入。どちらもサインをして頂いて帰りました。美味しくもこれから先の道のりの遠さを感じさせられた日でした。
[PR]

by imba_potter | 2016-09-25 18:00 | 日々のよしなし事


<< 久々のポタリングのあと通訳ボラ...      今日も自転車に乗れない >>