印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 10日

印旛沼に秋の深まりを感じる

急に肌寒くなった連休最終日の今日、また出かけてみる事にしました。
農業センター脇のそば畑のそば、先日は花でしたが今は実が少しずつ熟しつつある様でした。
a0113874_205635.jpg

農家さんの庭先でいつも美味しい次郎柿が売られているのでそろそろかなと期待したのでしたが、生憎まだの様でした。
更に進むと、印西牧の原近くではメタセコイヤも葉っぱの色が茶色がかってきていました。
a0113874_20565597.jpg

垣根のカラスウリの赤にいつの間にか秋が深まった事を知ります。
a0113874_2059349.jpg

旧本埜村の近くの田んぼ、二番穂がもう首を垂れ始めています。もう少ししたらシベリアから渡ってくる白鳥達のお腹を満たすことでしょう。右手前は先日まで真っ赤に咲いていた曼珠沙華が茎だけになっていました。
a0113874_2103732.jpg

12時を回ってそろそろお腹も空いてきたので、今日はこちらにお邪魔することにしました。
a0113874_212692.jpg

サイクリストにも人気のこちらのお店、ボリューム、味とも中々いけています。
a0113874_213848.jpg

酒直水門から北印旛沼CRに戻ります。相変わらずの雑草だらけ、これはいけませんね。県の管轄だったと思うのですが、今年は夏草は刈らない方針の様に見受けました。
a0113874_2143746.jpg

久しぶりにカン太君とご対面です。ふと見ると珍しく水に浮かんでいましたので寄ってみる事にしました。(近づいたころには水から上がってました。)
a0113874_2161570.jpg

更に近寄ってみましょう。
a0113874_2165952.jpg

もう20歳は越えてると思いますが、全く元気です。ももいろペリカンの寿命って何歳なんでしょうか。いつまでも元気でいて欲しいものです。
a0113874_21899.jpg

その後は柿が買えなかったので梨を一山買ってリュックに背負いよろよろと家路につきました。梨園の方に聞けば、梨もそろそろ終わりとの事、知らぬ間に秋がずんずんと深まっている様です。
a0113874_2194851.jpg

そろそろウェアを秋冬ものに変えないといけない季節になってきました。
走行距離66.5km
[PR]

by imba_potter | 2016-10-10 21:10 | 自転車(ポタリング)


<< ポタリングで野菜をゲットする      宿題を提出する >>