印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 21日

5日連続のボランティアに疲れる(大会2日目~5日目)

(11月18日(木))
いよいよ今日から試合が始まります。自分の担当国の選手たちはどうしても気になりますので練習から見守っています。
a0113874_10534574.jpg

天気もまずまず上々でこの日は何事もなく終わりました。
(11月18日(金))
今日は個人戦の日です。優勝候補の日本選手とインドネシアの選手の戦いは厳しいもので、タイブレークの末に辛勝しました。(因みに、ソフトテニスのルールは硬式テニスと同じですので分かりやすいです。違いはカウントの呼び方が、ラブサーティとかいうかわりにゼロツーとかいうのは日本が発祥の地らしくて分りやすかったです。)
表彰式、1位日本、2位インドネシア、3位日本・韓国でした。お疲れ様でした。
a0113874_10583660.jpg

(11月19日(土))
この日は朝から冷たい雨が降っていました。段々と本降りになってきて、コートにも水が溜まっています。試合の方はどうするのでしょうか?
a0113874_10593775.jpg

結局当初予定より2時間遅れて、11時に試合開始となりました。まだ小雨の降っている中選手たちの練習が始まりました。土曜日とあって昨日までとは打って変わって観客の人もだんだんと増えてきました。
a0113874_110285.jpg

吐く息が白いほど気温の方は下がっています。自分はホカロン2個、ダウンと支給されたジャケット、更にその上に合羽と完全装備ですが、それでも寒さがしんしんと体に沁み込みてきます。座るところもないので朝から立ちん坊の足もしびれてきました。
a0113874_1114032.jpg

通路のベンチがチョッとだけ開いた場所を借りて、配られた弁当を早めに頂いてちょっとだけぬくもりの残っているご飯で暖を取りました。
a0113874_113163.jpg

その後も結局雨は夕刻まで降ったり止んだり、パラパラする中を試合は続けられたのでした。帰宅してから夕食を食べた後は風呂に入る元気もなくバタンキュウでした。
(11月20日(日))
5日目、いよいよ最終日です。
いつも千葉駅で乗り換えるのですが、今日は様子が変わっていました。そうです、長く続いていた千葉駅の工事が完成したんですね。正面玄関はこの様な感じになりました。
a0113874_116593.jpg

これまでは1階からホームに上がっていたのですが、一旦エスカレーターで3階まで上がってから2階のホームに降りる形です。モノレールの駅と繋げたのですね。同時にエキナカショップも沢山できた様です。
a0113874_1174689.jpg

エスカレーターもまっさらです。
a0113874_118910.jpg

これがあの暗い、狭い、分かりにくいの3重苦の千葉駅かと思うくらいの変わりようでした。
a0113874_119378.jpg

蘇我駅を降りてみると、辺り一面真っ白。濃い霧が掛かっています。
a0113874_1194763.jpg

会場に着いても霧にすっぽりと覆われています。
a0113874_11104764.jpg

結局試合開始は30分延期されて、9時半にスタートしました。
a0113874_11111777.jpg

最終日だからでしょうか、タイの選手団が表彰台で記念写真を撮っていました。今回思ったこと、スマホで手軽にとって送ったりできるからでしょうか、随分と皆さん写真を撮っている事でした。昔は写真は日本人の十八番だった時代もありましたが、今は世界中が写真好きになったみたいです。
a0113874_11133669.jpg

ソフトテニスのゆるキャラ、“そっふぃちゃん”というらしいですが、人気を集めていました。
a0113874_11143661.jpg

試合の方は今日は国別対抗戦です。流石に国別は盛り上がりますね。
a0113874_11152877.jpg

晴天の日曜日とあって観客の方も大勢、見てると学校単位でソフトテニスをやっている中高生立場多かった様な気がします。
a0113874_11261033.jpg

決勝戦は女子は日本対韓国、男子は日本対インドネシアになりました。一本ごとに双方の応援団から黄色い応援の声が上がります。
a0113874_1118632.jpg

結果は接戦の末女子は韓国、男子は日本がそれぞれ優勝となりました。どちらのチームも最後まで力を振り絞った良い試合でした。
a0113874_1119975.jpg

肝心の通訳ボランティアの方はと言えば、必要に応じて通訳を乞われる事もありましたがそれほど忙しい訳でもなくまずまずの内容でしたが、拘束時間が長いのと5日間連続というのはさすがに疲れました。特に4日目の氷雨には泣かされました。前回のフェンシングもそうですが、普段なじみのないスポーツのそれも一流の選手の試合をまじかに見られるのはとても良い経験でした。
帰りの千葉駅、新しい駅舎には沢山の人が乗り降りしていました。
a0113874_11214533.jpg

[PR]

by imba_potter | 2016-11-21 11:22 | 日々のよしなし事


<< フロントディレイラーを交換する      アジアソフトテニス選手権大会に... >>