印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 19日

登ってみたら教会は眼下にあった

(7月11日(火))
五島の教会巡り、2日目です。
7時半、暖かいご夫婦に見送られて出発します。青方というのは上五島でも大きな町の様ですが、裏通りはこの様に静かです。
a0113874_08481300.jpg
最初に訪れたのは青方教会、この島全体のカトリックセンターとしての機能を持つ教会だそうです。どうりで随分立派な教会でした。
a0113874_08512376.jpg
上五島地区のキリスト教徒は17世紀から18世紀にかけて大村藩の厳格な取り締まりを逃れて移住してきた人たちが多いのだそうです。
a0113874_08535831.jpg
ひと山越えて次の目的地、青砂ヶ浦天主堂を目指します。湾の向かい側に遠く見えてきました。
a0113874_08552871.jpg
望遠で撮ってみますとこうなります。
a0113874_08563339.jpg
青砂ヶ浦天主堂、明治43年の建築、国指定の重要文化財になっています。石は頭ヶ島から、レンガは佐世保から船で運び信徒が一つ一つ浜から運び上げたのだそうです。
a0113874_09014327.jpg
内部はこうもり天井といって船の底のような形をしていて、周囲のステンドグラスと併せてとても美しいものでした。
a0113874_09031752.jpg
暫く前庭から湾の景色を眺めながら往時をしのんだあと、次の教会を目指しました。
丸尾教会、有川湾を望む高台に建っている教会です。
a0113874_09051115.jpg
こちらも中は誰もいなくて静かな空気の中で暫くじっとしているととても安らいだ気持ちになりました。前庭の聖母像越しに見える海がとても綺麗でした。
a0113874_09064158.jpg
ここまでで走行20km、大体今日の行程の半分です。ここで一旦今日の宿、有川の民宿に寄って荷物を預ける事にしました。民宿では係の人が見つからず、別館のお掃除をしていた叔母さん達の親切で何とか荷物を預ける事ができました。ここから10km先の頭ヶ島天主堂を目指します。
a0113874_09085282.jpg
単純に10kmなのですが、それはアップダウンの連続でした。途中の坂の上から見下ろす景色の素晴らしさに心を癒されながら休み休み進みます。
a0113874_09115859.jpg
途中で雨がバラっときました。今回季節柄雨は予想していたのですが、合羽はこの時に初めて着ました。その内雨の止んで友住という小さな漁港で合羽を脱ぎながら一休みしました。静か・・・、けど暑い。
a0113874_09145351.jpg
さぁ、ここから最後の登りが始まります。
a0113874_09153164.jpg
もう少し、もう少し、と励まし合いながら何とか登り切りました。
a0113874_09175918.jpg
そして、教会は?とキョロキョロすると・・・。“あそこにあるの、あれ教会?”と連れが言います。ふと見下ろせば、確かに眼下遠くに教会が見えます。あそこ?、という事は降りて帰りは又登る?どうもそういう事らしいです。
a0113874_09182756.jpg
激坂を下りました。国指定重要文化財、頭ヶ島天主堂。明治43年に着工、10年の歳月を費やして大正8年に竣工したそうです。
a0113874_09195781.jpg
日本では珍しい総石造りの教会、石は向かいの島から切り出して手漕ぎの船で一つずつ運んだのだそうです。
a0113874_09213062.jpg
教会の裏に拷問に使われて足に乗せられた石が記念碑として飾られていました。心が痛みます。
a0113874_09225810.jpg
教会堂の中でいつもの様に静かにその空気を味わいたかったのですが、2人連れの観光客を載せてきたタクシーの運転手が係の女性にしきりと話しかける声が絶え間なく会堂の中に響いて心が休まりません。思わず、“心静かにしたいので黙ってくださいませんか”と言ってしまいました。教会巡りの注意事項の幾つかの一つに、内部は祈りの空間であり静かにする、というのがあります。当然の事とは言え、地元の人に守られていないことには少しだけ残念な気がしました。
キリシタン墓地です。
a0113874_09270351.jpg
学芸員の方や駐車場で車の誘導をしている人と少しだけ話をしてから帰路に着きました。帰路というのは先程降りてきた激坂を登る事でもあるわけです。途中から教会を見下ろしました。当時無人島だったこの島に迫害を逃れて移り住み、こうした人里離れた場所に立派な教会を建てた人々の信仰心の強さに改めて心を打たれました。
a0113874_09294667.jpg
これで今回の旅の目的である教会巡りは一通り終わったので、有川に戻って少し遅いお昼にしました。正直言って、暑さ、湿度、激坂の3重苦で余り食欲はなかったのですが、今回逃してはならないもの、五島うどんを食べるのです。五島うどんは日本3大うどんの一つというらしいほどのものらしいです。少し細めの麺とあご(とびうおの一種)からとっただしが特徴の美味しいうどんでした。
a0113874_09341109.jpg
お土産を買ったりしたあと午後少し時間が余ったので、有川の街をブラブラとしました。海童神社は当時この地区で栄えた捕鯨の象徴として鳥居がクジラのあごの骨でできていたのでびっくりしました。捕鯨反対運動の人には見せられないものでしょう。(そういえば、うどん屋さんにもクジラのメニューがありました。)
a0113874_09370501.jpg
かき氷でもあれば、と思って地元の喫茶店によりました。昔懐かしいレトロな雰囲気の喫茶店、かき氷はありませんでしたが一杯づつ豆を挽いて入れてくれる 美味しいコーヒーと主人の気さくな叔母さん、常連さん達との会話は楽しいものでこれで五島の教会巡りも終わったんだ・・・、と思いながら余韻に浸っていました。
夜は居酒屋も兼営している民宿で新鮮な魚と五島うどんの夕食を頂いて早めに引き上げました。
a0113874_09413496.jpg
走行距離42.2km 総上昇量603m

[PR]

by imba_potter | 2017-07-19 09:42 |


<< 旅の終わりに教会がチラ見えた      仏検2級を受けてみた >>