印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 27日

亡き畏友からのプレゼント

T山さんは30年来の親友であると同時に、色々な知的好奇心を分けて頂ける友人です。その彼から最近貰ったメールの題が、「亡き畏友からのプレゼント」。とても感動する話です。
以下、メールの一部を引用します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-亡き畏友からのプレゼント-
このゴールデンウィークに、二年前に乳癌で逝去した、畏友の墓参をしました。畏友は樹齢300年といわれる藤の花で有名なお寺で眠っており、丁度その藤が見事でした。
いつもと違い、なんとなくご本尊を拝んでみようという気になり、本堂に入ったところ、「中村久子さん遺作展」が開催され、人形、刺繍、書画、日記、文具品、歯形がついた裁縫用のコテなどが展示され、その方の生涯を物語にしたビデオが上映されていました。
「中村久子さん」というお名前は初耳で、どんな方かとビデオを見ておりましたが、すぐにこれまでにない驚きを覚えることになります。いや、その壮絶たる生き方に涙があふれとどまりませんでした。その方は四肢の無い方で、作品はその方のものです。・・・・

帰路は大渋滞で12時間以上掛かりましたが、美しい藤の花に加えて、大きな感動を与えてくれた畏友に感謝しながらのドライブでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話の中で幾度と無く聞いてきたT山君の畏友の彼女、会う事はありませんでしたがこれまでになく身近に感じられる、そんな気持ちにさせて頂きました。
中村久子さんの事は、こちらで詳しく知る事ができます。
[PR]

by imba_potter | 2009-05-27 22:26 | 日々のよしなし事


<< あと1日      梅雨の晴れ間、には少し早い >>