印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 19日

道路交通法17条

前回の記事に関して、多摩川サイクリングロードの混雑についての書き込みを頂きました。

実は紹介させて頂いた疋田さんのメルマガ記事で、谷垣総裁の落車事件の後に最近の多摩サイ事情についての記述がありましたので併せて紹介します。

“■多摩サイはもはやオススメに非ず
 いや、冗談はさておき、この話、実のところ、ちょいと深刻になり始めているのだ。
 多摩川サイクリングロード、略称・多摩サイは、昨今、自転車(スポーツバイク)で走るべきところではなくなってしまっているからだ。コレはもう厳然たる事実だろう。もう、とにかく人口密度が高すぎる。人口密度が高いだけじゃない。歩行者、犬の散歩、幼稚園児、学童、老人、逆走の自転車、キックスケーター、ママチャリ、ロードバイク……、と、これらが一緒くたに利用するという、あまりの混濁交通ぶりに、ここはもはや「安心してサイクリングできる道路」なんてものではなくなってしまっている。”

こうした記述の後に続くのが、疋田さんの持論でもある自転車は車道を走るべし!という事です。自分も同感でありまして、流石にサイクリングロードを降りてまで車道を、というのはケースバイケースかと思いますが、ロードバイクなら車道の方が走りやすく、(チャンとルールを守ってはしれば)安全だという事でしょう。

サイクリストなら誰もが知っている事ですが、自転車の走る場所について道路交通法の第17条には次のように規定されています。
①車道の中央から左側部分の左側端に寄って通行しなければならない。 (道路交通法第17条第4項及び18条第1項)
②歩道上に「普通自転車の歩道通行可」標識がある場合は、歩道内を通行することができる。 その際、歩道の中央から車道寄りの部分を徐行して進行しなければならない。 (道路交通法第63条の4)
③歩道上に「普通自転車の歩道通行可」標識がない場合は、歩道内を通行することができなく、車道しか通行することができない。 その際、車道の中央から左側部分の左側端に寄って通行しなければならない。 (道路交通法第17条第4項及び18条第1項)

長くなりましたが、自転車はもっと自信をもって車道を(キチンと)走るべき、という疋田さんの説に賛成です。
[PR]

by imba_potter | 2009-11-19 21:07 | 自転車(ポタリング)


<< エレコムDGB-S009BU      自転車と落車 >>