印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 15日

木村伊兵衛とアンリ・カルティエ・ブレッソン

ポタラ宮展の後、「maruchanchiの写真日記」で紹介されていた「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ・ブレッソン展」に足を延ばしてきました。
木村伊兵衛(1901-1974)とアンリ・カルティエ・ブレッソン(HCB)(1908-2004)は共にライカの愛用者であったこと、スナップショットやポートレートの名作を多く残していること、など洋の東西で同時代に生きた写真家として共通点が多い(そう)です。この様な二人展(と言っては憚られますが)、とても良いものでした。
a0113874_21142158.jpg

会場の東京都写真美術館の所蔵品だけでなく、国内の多くの美術館の所蔵する作品、2人合わせて150点余り。とても見ごたえがありました。それだけでなく、期間限定で上映されていたHCBの記録映画、これも生身の彼に近づく意味で幸運でした。
a0113874_21172945.jpg

興奮でほてった頭を冷やした一杯の恵比寿ビール、これも美味しかったです。

11/28(土)-2/7(日)
東京都写真美術館 〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内
Tel.03-3280-0099
[PR]

by imba_potter | 2010-01-15 21:23 | 写真


<< 再会      聖地チベット~ポタラ宮と天空の... >>