印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ

2016年 11月 27日 ( 1 )


2016年 11月 27日

2016清和の森サイクリングで実走する

CCAの年末のイベント、本州で一番遅い紅葉を見るサイクリング、“清和の森サイクリング”に参加してきました。
おとといの雪がまだこんなに残っています。大丈夫なのでしょうか、コースの方は。向こうはスタート・ゴール会場となるロマンの森共和国のシルク・ヴィラです。
a0113874_15522658.jpg
7時集合、早朝から参加者が続々と集まってきました。房総を代表する4つの峰を走破する110キロ、坂がお好きな方が多い様です。
a0113874_15565138.jpg
8時前に開会式、コース説明がありました。そこで110キロコースは雪で倒木が多く通行不可、Aコース、Bコースとも50キロに変更するとのアナウンスがありました。折角楽しみにしていたのに、という落胆の声が聞こえそうですが安全を考えればやむを得ない判断だと思います。(自分はもともと50kmのAコースです。)
a0113874_16002853.jpg
スタートは8時半から、この坂を下りた場所がスタート地点になります。
a0113874_17590619.jpg
ん?何か走行スタッフが足らないようです。自分は走行スタッフでもまったりと後方から支援する積りでいたのですが、先導させられる事になりました。こりゃ大変だぁ・・・。
a0113874_16044554.jpg
9時前に自分達のグループもスタートしました。最初は下り坂から始まります。
a0113874_16055454.jpg
そして登ったり下ったりの繰り返しになりました。
a0113874_16065097.jpg
スタートして約1時間、2つ目の休憩ポイント、生駒の清水に到着しました。農家の人が軽トラで見事な赤カブとたくわん漬けを販売していました。(買いませんけど。買いたい気もちをぐっと抑えて、と。)
a0113874_16084584.jpg
去年はここが昼食会場で一般参加でしたからのんびりと参加者の人と会話を楽しんでいたのですが、今年は先導ですのでこの先のもみじロードの登りのことを考えると少し気が重くなりました。
a0113874_16101405.jpg
途中の記念撮影ポイントで集合写真を撮りました。
a0113874_16111026.jpg
沿道のもみじは良い具合に色づいていました。
a0113874_16121419.jpg
今年も途中の公民館で地元の人達がもみじ祭りをしていましたので、参加者の人達も一緒に寄ってみる事にしました。
a0113874_16134868.jpg
杵でついたお餅、3個入って200円はお買い得です。お味の方も3色それぞれにおいしかったです。
a0113874_16145262.jpg
秋の日のサイクリングは良いですね。(激坂さえなければ…、というのはあくまでも個人的な感想です。)
a0113874_16165189.jpg
そうこうする内に後ろのグループが追いついて来ましたのでボチボチ出発することにしました。
a0113874_16173876.jpg
その後は長狭街道を鴨川方面に出て、平塚交差点を右折したら大山千枚田への登りが待っていました。ここで一人、二人と参加者の人に追い越されてしまいました。
a0113874_16200942.jpg
皆さん遅い先導に大分イライラしてたのでしょうか、いや、遅いながらに一生懸命な先導を哀れに思って先に行って呉れた暖かい気配りなのでしょうか、あれよあれよという間に最後尾になってしまいました。

a0113874_16211864.jpg

それではお言葉に甘えて、という事でいつものマイペースで登る事としました。路傍の石仏に見とれたり、
a0113874_16242352.jpg

景色を眺めたり、とばかりしていられませんので自分なりに一生懸命ペダルを漕ぎました。
a0113874_16253588.jpg
登り切りました。頂上です。
a0113874_18011481.jpg
大山千枚田。
a0113874_18021699.jpg
休憩ポイントで参加者の皆さんはそれぞれにくつろいでいます。追いついた、やれやれ。
a0113874_18030726.jpg
ここからは又下って長狭街道を鴨川方面へ。昼食会場の“みんなみの里”に着きました。
a0113874_18043939.jpg
お昼を食べて少しだけまったりして・・・、と。あれっ?トイレに行って戻ってみると自分のグループの参加者がいなくなっていました。ん?ん?この後ゴール地点までは国道410号線を登ってゆくのですが、君鴨トンネルまでの登坂があります。遅い先導は待っていられない、という事でしょうか先に行ってしまったみたいです。内心では正直少し心配していたのでチョッピリ安心した気持ちもあったり、そこで何人か出発を待っていた参加者を纏めて先導しながらゴール地点を目指したのでした。
a0113874_18095621.jpg
トンネルが見えました。これで登坂は終わり、と言いたいところですが君鴨トンネルはこちらから登ると結構な登坂なのです。いじわる。
a0113874_18115613.jpg
そんな訳で、1時過ぎにはゴールしてしまいました。後は風呂に入って冷え切った体を温めました。
a0113874_18132890.jpg
夕方からの懇親会までは大分間があります。同じ思いの有志が集まってプレ懇親会が始まりました。初対面の人も多かったのですが、そこはサイクリスト同士で直ぐに打ち解けて和気あいあいの会話が弾みました。
a0113874_18150334.jpg
そして本番の懇親会、2次会と宴は続きました。
a0113874_18155514.jpg
何時間経ったのでしょうか、年齢は色々ですが皆さんサイクリングで養った体力です、これでもかというくらい果てしなく宴は続くのでした。
a0113874_18201077.jpg
2次会が終わるのを待ち切れずに自分はリタイヤ、床につく事にしました。慣れない先導役に始まって、盛り上がった宴など長い一日がようやく終わったのでした。(来年からは先導役は勘弁してもらうことにしましょう。色々と気を使って下さった参加者の皆様には感謝です。)
走行距離49.4km 総上昇量716m

[PR]

by imba_potter | 2016-11-27 18:22 | 自転車(イベント)