2017年 03月 20日 ( 1 )


2017年 03月 20日

日本の心を伝えるを学ぶ

今日は所属しているボランティア団体で上野近辺の研修会がありました。先輩のガイドの案内により、場所場所の見どころや説明のポイントなどを共有するものです。
集合は京成の上野駅、講師を含めて約15名が揃いました。
a0113874_07334622.jpg
上野の近辺には沢山の見どころ、歴史的遺物や名所がありますが今日はそれを一つずつ回りながらお話を聞いてゆきます。
a0113874_07353630.jpg
講師の先生はとても熱心な方で、一つ一つに沢山の時間を掛けて丁寧に説明してくれました。特に、一つずつの説明を通じて日本の心を伝えるという事に気を配っておられることが印象的でした。形通りに謂れなどを説明してお茶を濁している自分には随分と為になるお話でした。
これは清水観音のおみくじ売りのロボットですが、おみくじの凶が出てしまった時の相手の心のダメージを和らげるための説明方法なども印象的でした。
a0113874_07392485.jpg
木の上を見上げているので?と思ったら、蝉の抜け殻がありました。長い年月を地中で過ごしてきて地上に出た後は1週間程度で死んでしまう蝉の一生を説明するのだそうです。夏にはそうした説明もあるのでしょうね。中々自分達には思いつかない事です。
a0113874_07421985.jpg
東照宮でガイド中の仲間と遭遇しました。スペインから来た若いカップルを案内していました。こうしている中でも活動している仲間が沢山いるのですね。ゲストの二人はとても楽しそうに喜んでいました。
a0113874_07434999.jpg
大仏の横の土手には雪割草が咲いていました。新潟県の県花なのだそうです。
a0113874_07461464.jpg
この後も説明は延々と続くのですが、記事はこれでおしまい。研修会はいつ行ってもためになりますし、自分の未熟さを知らされる機会になります。


[PR]

by imba_potter | 2017-03-20 07:29 | 日々のよしなし事