「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:日々のよしなし事( 278 )


2017年 02月 19日

砂町商店街を歩く

先日の清澄庭園の後の散策会に参加できなかったので、今日は一人で砂町商店街に行ってみました。
東陽町からバスに乗って北砂2丁目で降りるとこの有名な商店街の入り口が目の前にあります。どんなところなのでしょうか、ワクワクします。
a0113874_06284493.jpg
入ってみましょう。
a0113874_06314776.jpg
ここから670m続く下町の美食の殿堂、テンション上がります。いきなりお惣菜やさんが来ました。
a0113874_06332127.jpg
手作りのお惣菜なのだそうです、美味しそう。
a0113874_06340541.jpg
中華屋さんです、ドンドンとお客が入ってゆきます。
a0113874_06353189.jpg
名物の餡餅(シャーピン)というものが店頭に並んでいました。どんな味なんでしょうか、興味が湧いてきます。思わず買ってしまいました。(家で食べてみたら、餃子の中身を小麦粉の薄皮で挟んだ割とあっさりした触感でした。)
a0113874_06385919.jpg
その他、居酒屋さんもあったりしてお惣菜だけじゃなくて食の総合展示場という感じでしょうか。こちらは千葉の鴨川から直送されるお魚が名物なのだそうです。
a0113874_06394817.jpg
テンションはさっきからずっと上がりっぱなしです。
焼鳥屋さん、自分で好きなものを選んでバットに入れて渡して清算する仕組みの様でした。驚いたのはその安さ、しっかりした鶏肉の焼き鳥が1本100円とは!また買ってしまいました。
a0113874_06424641.jpg
漬物やさん。
a0113874_06432773.jpg
なにやら人だかりがしています。
a0113874_06435953.jpg
おでん種やさんがやっているおでんを買い求める人の行列でした。皆さん鍋を持参で買いに来られてる様です。鍋は持ってこなかったので涙を呑んでパスしました。
a0113874_06450824.jpg
暗がりでおばあさんが何かを売っているところに人だかりがしています、何でしょう?あさりを使ったお惣菜です。美味しそうなあさりご飯を買いました。(美味しかったです。)
a0113874_06463608.jpg
フライを中心としたお惣菜やさん、余りの安さに思わず“メンチ一つ”と言ってしまいました。
a0113874_06481928.jpg
八百屋さんも激安です。何故か千葉の野菜を売り物にしているお店が多い様な気がしましたが、千葉県民としては嬉しくなりました。
a0113874_06493559.jpg
暗くなってそろそろ売り切れで店じまいの支度を始めるお店もちらほらとしてきましたので、方向転換をして帰る事にしました。
a0113874_06503967.jpg
コンビニの看板に、“店内で焼いてるから美味いやきとり”と。コンビニですよ、やりますね。
a0113874_06514897.jpg
やれやれとバス停の方に歩いてゆくと、市場の出口の辺りに何やら人だかりがしていました。ん?ん?と思って近づいてみると、激安お寿司のお店に行列ができているのでした。
a0113874_06530943.jpg
これは次回是非挑戦しないといけないと心を決めて後ろ髪を引かれつつその場を後にしました。反対側のバス停から見るとこんなお店でした。
a0113874_06543877.jpg
こちらは十条銀座、荏原銀座と並んで東京三大商店街というのだそうですが、正に670mに渡る食の祭典。確かに一度は訪れる価値のある場所でしょう。

[PR]

by imba_potter | 2017-02-19 06:56 | 日々のよしなし事
2017年 02月 15日

楽しい夫婦と都心を歩く

色々と下見をしてきた都心探訪の本番で楽しい夫婦と都心を散歩してきました。
世界各地を旅行して歩くのが趣味というアメリカ人のご夫婦、仲の良さがこちらにも伝わってほのぼのとした気持ちになります。
a0113874_09440186.jpg
最初は皇居東御苑から始めました。
a0113874_09450987.jpg
そのあと北の丸公園を抜けて靖国神社へ。ビートルズの大ファンというご主人、50年前の初来日で講演を開いた武道館を見上げて感慨深そうでした。200人も失神者が出たという話には大笑いでした。
a0113874_09481175.jpg
少し時間が余裕あったので浅草の前にアメ横でお買い物、ご家族、友人へのお土産を買われました。その安さには大興奮、お昼のお寿司やさんでも“いらっしゃいませ”の大合唱での出迎えに大喜びでした。
a0113874_09501749.jpg
どこへ行ってもお互いを気遣い合って仲の良い二人、一緒にいて気持ちが良くなります。
a0113874_09503609.jpg
浅草文化観光センターの屋上は隠れた穴場、仲見世が一望できます。
a0113874_09525340.jpg
浅草寺は今日も人出で大賑わいでした。
a0113874_09542888.jpg
その後、奥さんの希望で大塚のイスラム寺院で少し話を聞いてから宿泊場所の谷中の居酒屋で軽く一杯のあと旅館までお送りしてお別れ。夜行便で早朝に到着したというにはとてもお元気な二人と沢山冗談も言い合って、アツアツの仲を見せられて、寒い中ではありましたが時間を忘れて一緒に楽しんだ一日となりました。
21,923歩


[PR]

by imba_potter | 2017-02-15 10:00 | 日々のよしなし事
2017年 02月 10日

谷根千を歩く

(2月2日)
今度のゲストが谷根千にお泊りという事で、全く縁のない場所ですが歩いてみる事にしました。
日暮里の駅を西口で降りて暫く行くと左手に「初音小路」があります。辺りが暗くなると風情があるのでしょうが、残念ですがこの時間ではさすがにまだ開いている店はありませんでした。
a0113874_20105404.jpg
朝倉彫塑館への分かれ道を入った左手のたい焼きやさん、
a0113874_20125825.jpg
皮の薄い美味しいたい焼きでした。
a0113874_20132300.jpg
有名な「夕焼けだんだん」です。午後でしたがまだ夕焼けには早すぎました。
a0113874_20143987.jpg
坂を下ったら「谷中銀座」、色んなお店が並んでいます。
a0113874_20152822.jpg
突き当りを左に行って「よみせ通り」を抜けると「へび道」があります。どうしてこういう道の形ができたのでしょうか?くねくねと曲がった小道が続いています。
a0113874_20165042.jpg
「カメノコタワシ」、自分達の世代には懐かしい響きです。実際にあるかめのこたわしの会社の直営店の様でした。IT全盛の時代ではありますがこうした日本発の伝統商品は長続きして欲しいものです。
a0113874_20211304.jpg
懐かしい昭和レトロな民家もありました。
a0113874_20215183.jpg
へび道の出口を左に曲がったところに「澤の屋旅館」がありました。純和風のこちらの旅館、最近は外人さんに人気の宿なのだそうです。
a0113874_20230855.jpg
場所も確認できたのでそろそろ引き上げに掛かりました。軒先に蠟梅が良い香りを漂わせていました。
a0113874_20241350.jpg
そして根津の駅の方へブラブラと、どこまで行っても昭和の香りが漂っている谷根千を後にしました。
a0113874_20250786.jpg
歩数 10千歩(と少し)

[PR]

by imba_potter | 2017-02-10 20:25 | 日々のよしなし事
2017年 02月 09日

雪の都心でフランス自転車事情の話しを聞く

今日は雪の舞う寒い日でしたが、都心である方にお会いしました。その方とは、小林恵三さんというフランス在住の自転車史研究家の方です。別の用事で来日中のお忙しい時間を割いて頂きました。場所は目黒にある自転車文化センターです。
a0113874_20293486.jpg
自転車文化センターは9000冊に上る自転車関係の書籍の貸し出しの他、様々なイベントも開催しています。
a0113874_20371983.jpg
今開催中のイベントは「明治から昭和初期の錦絵に描かれた自転車」展でした。
a0113874_20381679.jpg
明治末期の靖国神社、すでに自転車が町の風景となっています。
a0113874_20390160.jpg
大正期の芝増上寺、今と佇まいは変わりません。
a0113874_20395851.jpg
小林さんとは場所を変えて小林さんが参加された去年のミショー型自転車によるパリ・アビニョン860kmツーリングの話し、来年ご計画中の足けり方式の最も古い形態の自転車による北フランス走破の計画などのお話し、その他のフランス自転車事情の貴重なお話を伺う事ができました。その中で、わが千葉県が自転車適地として注目されているのではというお話もあったり、とても有意義な時間でした。
a0113874_20431348.jpg
来年のツーリングの計画は大変厳しい道のりを覚悟されているとのお話でしたが、成功を心よりお祈りいたします。

[PR]

by imba_potter | 2017-02-09 20:44 | 日々のよしなし事
2017年 02月 07日

寒風に凍えながら梅を見る

寒い寒いといいながら季節は確実にめぐっている様で、あちこちで梅の便りが聞かれます。ブログでも良く取り上げられていますので載せてみる事にしました。
図書館に本を返しに行く途中、駅の近くの公園で見かけた紅白の梅が見事でした。
紅梅。
a0113874_15053558.jpg
そして、白梅。
a0113874_15061847.jpg
それにしても今日の風、これから暫く風が続くのだそうですが早く暖かな春になってほしいものです。

[PR]

by imba_potter | 2017-02-07 15:07 | 日々のよしなし事
2017年 02月 05日

高層階から大江戸を見下ろす

(2月4日)
登録しているもう一つのボランティア団体の全体講習会で都庁に行く機会がありました。
その前に、ある事情で近々お邪魔する事になっているイスラムのお寺にお邪魔しました。東京にあるイスラムのお寺としては代々木上原の東京ジャーミーが有名ですが、今日お邪魔したのは南大塚にあるこちらのお寺でした。
a0113874_20215310.jpg
すこし小ぶりではありますが立派なドーム状の屋根もあってイスラムのお寺である事が良く分かります。
a0113874_20243965.jpg
丁度お祈りの時間でもあったので沢山の信者の方々がお祈りに訪れていましたが、ご厚意で自分も見学させていただく事ができました。中々東京では得難い経験ではあります。用事も無事に済ませる事ができて、とても親切なご対応にほのぼのした気持ちでお寺を後にしました。
その後は今日の本題、講習会のある都庁に向かいました。少し早めについたので45階にある展望フロアに登ってみる事にしました。西の方を見ると広々した武蔵野の向こうに丹沢が見えます。富士山は残念ながら霞が掛かってみえませんでした。
a0113874_20274641.jpg
足元には新宿中央公園が見えます。
a0113874_20285485.jpg
そして反対側には丸の内の高層ビル群が見えました。富士山は午前中が良いのだそうですが、それでも見えるのは大体1年の内の100日程度という事なので今日見えないのもやむをえないことなのでしょう。
a0113874_20322531.jpg
講習会の方も滞りなく終わりました。
a0113874_20415444.jpg
普段は余り来る事のない東京の西半分、南大塚、新宿と巡った一日も終わって薄暗くなり始めた西新宿を後にしました。
a0113874_20345925.jpg

[PR]

by imba_potter | 2017-02-05 20:35 | 日々のよしなし事
2017年 02月 05日

清澄庭園で交流会に出る

所属しているボランテァイ団体の交流会が清澄庭園でありました。
a0113874_16183093.jpg
場所はこちらの「涼亭」です。最近お邪魔する事の多い清澄庭園ですが、こちらにお邪魔するのは初めてでした。
a0113874_16195180.jpg
参加者は約40名、日頃ネットとかでは繋がっていても顔を見るのは初めてという人ばかりです。最初に代表の挨拶があって早速催しに移りました。
こちらは紙芝居、英語の紙芝居は初めてでしたが演者の方の素晴らしい演技力に思わず引き込まれました。
a0113874_16214426.jpg
続いて日本の名作が演じられました。「モチモチの木」という童話でしたが、小さな子供が病気のお爺さんの為に大変な働きをしてお爺さんを救うのですが、救った後はまたお便所が怖くてお爺さんに連れて行ってもらう話にはほのぼのした微笑ましさを感じました。
a0113874_16263691.jpg
その後は本題である情報交換会を行って、最後の余興は福笑いでした。皆さん何十年ぶりとか言っている割には素晴らしい出来栄えでした。こうした遊び一つにも一生懸命になる、世代でしょうか。
a0113874_16281111.jpg
次世代を担う若手も登場して、そろそろお開きになりました。
a0113874_16290871.jpg
こうした交流会は自分は初体験でしたが、それなりに有益な情報もあって有意義な機会となりました。
a0113874_16301577.jpg
最後は散策会組と昼食会組に分かれて、三々五々解散となりました。自分は散策会には漏れてしまったので昼食会組でした。
(こちらの看板建築、中々見事だと思うのですが余り話題になっていない様なのはどうしてなのでしょう?いつも思うことです。)
a0113874_16322868.jpg

[PR]

by imba_potter | 2017-02-05 16:32 | 日々のよしなし事
2017年 02月 01日

ノルディックウォーキングで里山を歩く

今年から新しく始めた事にノルディックウォーキングがあります。そのレッスンの今日は2回目に行ってきました。
厳寒、ポカポカ陽気、そして又寒気と目まぐるしく変わる陽気ですが今日は風も弱く気温は低くてもまずまずのウォーキング日和、自分達を入れて10名の参加者でした。自分以外はすべて女性、それもご高齢のと来て何か少し居心地の悪さを感じます。
a0113874_16323434.jpg
準備体操の後早速ウォーキング開始、今日の目的地は前回より距離を伸ばしてサンセットヒルズでした。見上げる木蓮の蕾の綿毛も結構伸びて春の近づきを感じました。
a0113874_16340440.jpg
サンセットヒルズからの印旛沼の眺め、この下のサイクリングロードをよく走ったものですが最近はすっかりご無沙汰してしまっています。
a0113874_16351805.jpg
幸せの鐘、若い二人が搗いたら様になるのでしょうけど高齢者も代わる代わる搗かせて頂きました。
a0113874_16364306.jpg
少しピッチを上げながら帰路につき、ゴール直前にこの広場でやったインターバルトレーニングは効きました。3人が一組になって交互に前後を交代してゆくものですが、周回している外側を追い越さないといけないのでかなりスピードアップが要求されます。前回はなかったメニューですが今回はひとつだけレベルアップした気がしました。
a0113874_16411235.jpg
次回も又参加したいと思います。
7,312歩

[PR]

by imba_potter | 2017-02-01 16:42 | 日々のよしなし事
2017年 01月 30日

映画「沈黙(サイレンス)」を見る

今話題の映画、「沈黙(サイレンス)」を見てきました。
監督のマーチン・スコセッシは「タクシードライバー」も監督した、といえば自分達の世代はなじみが湧きます。

a0113874_17285562.jpg

主題はキリシタン弾圧なので、映画評などを見ると弾圧する側とされる側、そのプロセスなど通じて日本社会の特殊性に焦点を当てたピンボケなものも目立ちますが、あくまでも主題は遠藤の原作がそうであるように神と人間がどう向き合うのか、という普遍的なテーマである事が分かります。当のスコセッシ監督が発想を得てから作品化できるまでに20年を要したというのもまた頷けるところでもあります。日米の役者さん達の名演、台湾で撮影されたという背景や溝口健二も視野に入れたという映像の美しさなど何れをとっても秀逸の出来栄えというべき作品です。ややラストシーンの描き方に違和感を感じましたが、3時間弱引き込まれるように見入ってしまいました。

[PR]

by imba_potter | 2017-01-30 17:37 | 日々のよしなし事
2017年 01月 29日

皇居東御苑を歩く

(1月26日)
来月の予習に皇居東御苑を歩いてきました。
最初は靖国神社から始めます。巨大な鳥居に改めてびっくり。
a0113874_08512989.jpg
靖国神社の歴史は意外に新しく、明治2年(1,869年)なのだそうです。もうすぐ創建150周年の看板が目立っていました。最近は海外からの客も多い様ですが、この日も欧米系アジア系など沢山の人々がお参りに来られていました。一部には批判的な声も聴かれますが、純粋に国家の為に命をささげた先人達に感謝の気持ちを込めてお参りする事はどの時代に於いても大切な事であり、なんらやましい事ではないと自分は考えています。
a0113874_08553399.jpg
隣の遊就館に初めて入ってみました。
ゼロ戦52型が飾られています。
a0113874_08562545.jpg
ラバウルで発見された胴体と羽の一部を中心として各地から寄せ集められた部品を元に復元されたのだそうです。機体の美しさに見とれると同時にこの機体に込められた様々な人々の想いに胸が熱くなる気がしました。
a0113874_09014878.jpg
2階の展示室に移動します。
家康が堺の刀鍛冶に銘じて作らせたという大砲が展示されていました。説明によれば鍛造で作られたとか、今から400年も前の技術水準に目を見張る思いでした。
a0113874_09031833.jpg
大展示室に移ります。
人間魚雷回転、桜花などの特攻兵器が展示されていましたが胸の潰れる思いでした。
a0113874_09045181.jpg
艦上爆撃機「彗星」。
こうした通常兵器は見ていても心が乱れませんが、特攻兵器は悲しすぎてまともに見れない気がします。
a0113874_09064947.jpg
最近のアジア情勢を見るとまたぞろいやな記憶が呼び起されますが、何としても戦争はむなしいものであるという気持ちを新たにして後にしました。
歩道橋からの九段下の眺め、今から随分昔この辺りに勤務していた若き日を思い出しました。
a0113874_09083952.jpg
ここから北の丸公園を経て皇居東御苑に向かいました。蠟梅が甘い香りを漂わせて春の近づいていることを知らせています。
a0113874_09095338.jpg
北詰橋門から東御苑に入ります。
a0113874_09111868.jpg
こちらも外国人観光客には人気の場所となっています。月・金は休みなので注意が必要です。
天守台跡にもたくさんの外国人が訪れていました。
a0113874_09120474.jpg
まっすぐ行けば大奥を過ぎて松の廊下跡に出ますが、左に曲がって二の丸庭園に向かいました。
a0113874_09134242.jpg
都心とも思われない静けさと冬枯れの木立越しに見えるビル群との対比はきっと案内する外国人にも気に入られる事でしょう。
百人番所から大手門を通って今日の下見も終わり、夜の飲み会の場所に向かいました。
a0113874_09155291.jpg
直前になってバタバタと一夜漬けの癖は学生の頃から変わりませんが、少しずつ東京の知識も増やしていきたいと思っています。
14,000歩

[PR]

by imba_potter | 2017-01-29 09:17 | 日々のよしなし事