印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅( 87 )


2017年 05月 31日

谷津道を通って温泉に入りにゆく(続)

昨夜は早々と寝てしまったのですが、宿の朝食が8時からとゆっくりなので朝もそれなりに遅く起きました。同宿の人は写生の会の5人の男女、大体自分達と同年配でした。
8時半出発。
a0113874_16592074.jpg
げげっ、いきなりの登りです。(宿の方を振り返ったところ。)今日は大体下り基調だったはずなんですけど~。(と言っても誰も聞いてくれませんけど。)
a0113874_16594128.jpg
その後も小さくアップダウンが続きます。
a0113874_17011277.jpg
昨日から道すがらに咲いている白い花、帰って調べてみたら「ウツギ」というのだそうです。山野の花木も綺麗なものがあります。
a0113874_17014610.jpg
数年前に一人で房総を横断した時に通った場所を通りました。あの時は秋でしたから、横の臨時直売所でいろいろな産物を地元の叔父さん叔母さんが売っていたのを思いだしました。
a0113874_17031174.jpg
月崎駅。数年前に映画の舞台になった場所です。
a0113874_17070891.jpg
駅舎の中には燕が巣を作っており、もう小さな子供たちが顔をのぞかせていました。
a0113874_17080195.jpg
昔の修理具倉庫ですが、今はアートの様に草花を生やしています。
a0113874_17090212.jpg
昔の駅員さん達の肖像が貼ってありました。こうした小さな駅にも100年の歴史があるんですね。
a0113874_17112056.jpg
列車の来ない朝の駅、いつまでものんびりしていたいところですがそうも行きません。先を急ぐことにしました。
お隣の里見駅、こちらも風情が一杯です。
a0113874_17114215.jpg
高滝湖に出ました。こちらはCCAのイベントでも何度か来た場所です。しかし、養老渓谷とこんなに近いとは思いませんでした。
a0113874_17130379.jpg
ダム湖の淵を廻って下る途中で、見事なお庭を手入れしているご夫婦に出合いました。
“こんにちは、見事なお花ですね。”と言って脚を止めました。伺えば、退職後こちらに移住してこられて、以来ご夫婦でガーデニングを楽しんでおられるのだとか、良いですね。
a0113874_17155615.jpg
どうぞどうぞと勧められるままに中を拝見させて頂きました。キチンと手入れの行き届いた見事なお庭を拝見させて頂きました。
a0113874_17170657.jpg
更に養老川に沿って下ります。
a0113874_17174515.jpg
この景色、先日「中井精也のてつたび」でも紹介されていましたね。
a0113874_17200241.jpg
あんなに細かった養老川もここまで下ると大河の趣きがでてきました。
a0113874_17205115.jpg
その後は産業道路などあまり面白くないエリアになるのですが、これもCCAの西部支部が支部行事で使った裏道ルートを辿ればそれほどストレスなく越えられました。千葉市に来たのでコーヒー専門店の100円コーヒーで一休み。
a0113874_17220640.jpg
あとはいつもの花見川サイクリングロードに出て、木漏れ日サイクリングのルートを帰りました。
a0113874_17232711.jpg
往復160キロ、2日掛かりのセンチュリーライドでしたが谷津田やサイクリングロードを上手くつなげば殆どストレスなく走れることが分かりました。自宅からのツーリング、ヨーロッパの人達は良くやっているみたいでしたが、道の選び方によっては悪くないものだと思いました。
a0113874_17253125.jpg
走行距離69.6km


[PR]

by imba_potter | 2017-05-31 17:26 |
2017年 05月 31日

谷津道を通って温泉に入りにゆく

(5月29日)
新緑が気持ちいいので温泉にでも行きたいなと思いつつ中々実現できずにいたある日、自宅から走って行ける場所に温泉があることにふと気付き行ってくることにしました。
できるだけ自動車と合わないで行ける道、という事で時々使っている谷津道を通って行くことにしました。
a0113874_10252461.jpg
谷津というのは千葉県独特の地形で、小さな丘に囲まれた低地の事をいいますがこうした谷津が縦横に走っていてそこを農耕や生活の為の小さな道が網の目の様に繋いでいるのです。
a0113874_10270758.jpg
大体が田んぼの中ですが、時々は集落の中を抜けたりもします。
a0113874_10272550.jpg
昔の人の暮らしに触れたりもしながら進みます。これは大正時代に地元の人が秩父三十四観音巡りをした記念に建てた碑です。今では手軽に行ける場所ですが、100年ほど前は随分と遠いところだったのでしょう。
a0113874_10282411.jpg
こうした谷津道は自宅から30キロも続いています。
a0113874_10300607.jpg
谷津道が終わって九十九里平野に下って暫くすると茂原に出ます。ここでお昼にしました。流石に海の近く、新鮮な魚が美味しいお店でした。
a0113874_10304637.jpg
その先は房総の山岳地帯に入ってきます。房総の真ん中、大多喜です。
このマンホールのふた、中々良い出来栄えですので町のどこにあるのか案内所で尋ねたところ、町の中ではなく新しくできた団地の中なのだそうで実際に置かれているのを見る事ができなかったのは残念でした。
a0113874_10323582.jpg
案内所の係の方も親切でした。(隣の建物に居られました。)
a0113874_10350591.jpg
ここから先がいよいよ房総丘陵の中心部に差し掛かります。ひと山、ふた山越えて上総中野に着きました。
a0113874_10371211.jpg
ここはいすみ鉄道と小湊鉄道が接続している駅です。丁度両方からの可愛い汽車が到着して接続する時でした。こうして乗客の人は東京湾側の五井から太平洋側の大原まで房総半島を横断できるのです。
a0113874_10392451.jpg
そこからまたひと山越えて、老川という交差点を右折して少しだけ進んだ場所に今日の宿、養老温泉郷があるのです。養老温泉郷、自分達には勿体ない様な名前の場所ですが、黒湯と言って真っ黒なお湯は中々気持ちいいものでした。
a0113874_10404848.jpg
豪華な夕食を頂いて、布団に横になったらバタンキュウでした。
a0113874_10521340.jpg
走行距離93.3km (続く)

[PR]

by imba_potter | 2017-05-31 10:52 |
2017年 04月 04日

四国遍路を結願する

昨春からの四国遍路区切打ち、3回目で結願しました。
合計走行日数24日、走行距離1,264km、総上昇量12,554mと厳しい道のりではありましたが、連れ合いと二人何とか走り切りました。
その様子は少しずつ「パコのサンチャゴ巡礼日記」に記してゆきたいと思います。
(81番白峯寺、82番根来寺に向かう五色台から瀬戸大橋を望む。)
a0113874_20473934.jpg
(五色台より讃岐平野を望む。)
a0113874_20483984.jpg

[PR]

by imba_potter | 2017-04-04 20:50 |
2016年 11月 13日

四国遍路2016(第2回区切打ち)

10月28日から8日間で巡った四国遍路2016(第2回区切打ち)の記事を「パコのサンチャゴ巡礼日記」に掲載しています。1日ごとに綴ってゆく積りです。(当分の間この記事を一番上に置いておきますので、日々の日記は下を見て下さい。)
a0113874_18261412.jpg

[PR]

by imba_potter | 2016-11-13 13:55 |
2016年 10月 20日

柴又で寅さんに出合う

今日は昔の仕事仲間との例会で葛飾柴又を散策する事になっています。
柴又駅前の寅さん像、今は外人さんも多く国際的な観光地になっている様です。
a0113874_9432459.jpg

一般の人々の寄付で作られたとか、本物よりチョッピリ男前なのが気になります。
a0113874_9435379.jpg

一堂が揃ったところで記念撮影をして、帝釈天を目指して参道を進みます。途中の髙木屋さんは撮影の度に寅さん達が立ち寄ったお店とか、沢山の思い出の写真が飾られていました。
a0113874_946442.jpg

お団子とお茶のセットを頂きました。(老人なのでその後の事も考えて、仲良く2人で1人前を分け合います。)
a0113874_9473448.jpg

猫ちゃんもお出迎え。
a0113874_9481428.jpg

帝釈天にはサイクリングで何度も来ていますので、特に目新しい事はありませんでした。そしてすぐ裏手の寅さん記念館に行きました。撮影で使われたセットが保存されています。
a0113874_949277.jpg

懐かしいシーンを思い出します。
a0113874_9503581.jpg

こちらにも何度か来ているのですが、中で上映されている映画の名場面を見るといつ見ても笑えます。
a0113874_9505864.jpg

その後は江戸川の土手に出ました。こちらも映画の頃とは大分趣が変わっています。
あれっ?遠くに誰かいます。
a0113874_9524767.jpg

寅さんではありませんか。なつかしさについ近づいてしまいました。伺えば、栃木県の寅さんだそうです。写真をお願いしたところ、ポーズを決めて下さいました。そこにいた叔母さん達によれば、こちらの寅さんの方が男前なのだそうです、確かに。
a0113874_9541551.jpg

遠くに渡し舟が見えます。“連れてーにーげーてーよー・・・。”の矢切の渡しです。
a0113874_9562521.jpg

乗る予定はなかったのですが、桟橋を見た事がなかったので近寄ってみました。乗船者以外は桟橋に立ち入らない様に、とあります。確かに良い雰囲気ではありますが、沢山の観光客に乗られては壊れてしまうかもしれません。
a0113874_958965.jpg

その後皆さんと合流して青砥の某店での懇親会に向かいました。老人は開店時間まで待てないので、早めに入店させて頂き、早めに始めて盛り上がったのでした。
a0113874_100666.jpg

[PR]

by imba_potter | 2016-10-20 10:00 |
2016年 10月 05日

北信濃に秋を探す

天気が不安定で中々自転車にも乗れないので、温泉にでもと思い信州に出かけてみました。場所は上田市の山間に入った所です。
初日は空模様が怪しかったのですが、できれば走ってみようという事で佐久平をサイクリングしてみる事にしました。
コスモスと浅間山。
a0113874_17173220.jpg

a0113874_17182835.jpg

取り入れ前の田んぼにはトンボが羽を休めていました。
a0113874_17191464.jpg

千曲川もこの辺りはまだ川幅もそれほど広くありません。“水の流れにはなびらを・・・”五木ひろしの千曲川のメロディが心に浮かびます。
a0113874_17212468.jpg

川沿いの道を遡って行きます。
a0113874_17214971.jpg

龍岡城は函館の五稜郭と並んで日本で2つしかない星形の城ですが、前回来た時に訪れたので今回はスルーして、その近くの直売所に寄りました。小さな直売所でしたが、中には季節の果物を中心に色々な産物が安く売られていました。いくつか購入して、後で車で取りに来るまで置いておいてもらうことにしました。
a0113874_17235576.jpg

高原の様な風情の牧場の辺りに差し掛かった頃、心配していた雨が本降りになってきました。
a0113874_17244383.jpg

リンゴ園も雨に煙っています。
a0113874_17251990.jpg

2時間程前に出発した時にはご老人が沢山いたマレットゴルフ場にも人影はなくなっていました。
a0113874_17262180.jpg

車の中で濡れた自転車と体を軽く乾かせて、お昼ご飯に行きました。夏に軽井沢合宿で来たこちらのお店です。
a0113874_1730165.jpg

鯉こくと鯉のあらい、佐久の名物ですね。
a0113874_17315938.jpg

その後は温泉に行きました。源泉かけ流しが嬉しい宿です。
a0113874_17334540.jpg

純和風の宿なのですがこの様にビーナスの抱える壺から源泉が湧きだしているのが不思議です。
a0113874_17343576.jpg

そして、この季節の信州の味といえばこちら。
a0113874_17352493.jpg

松茸尽くしとはいえないまでも、ちょっぴり香りを楽しませて頂きました。
a0113874_17365949.jpg

翌日は久々の太陽の下で草刈りにいそしみました。
a0113874_17373546.jpg

ついこの間まで夏だった気がしますが、雨ばかり見ているうちにしっかりと秋は日本列島に訪れている様でした。
走行距離35.0km
[PR]

by imba_potter | 2016-10-05 17:37 |
2016年 09月 17日

関東平野の真ん中で落花生を掘る

ある日一枚の葉書が届きました。
“オーナーさん!ピーナッツ収穫できますよ~”と書いてあります。以前申し込んで置いたピーナッツオーナーのお知らせでした。ゆで落花生の収穫は19日までという事でしたので、3連休は仕事にお忙しいお父さん達の日という事で、EDS(Every Day Sunday)の自分は平日の今日出かけてみる事にしました。
我が千葉県のお隣さん、関東平野のど真ん中です。少し道を間違えたりして、2.5時間余り掛かりましたが無事に到着。手続きを済ませて、係の人に案内してもらい畑に向かいました。
あれっ?
(どこが畑?見えるのは伸び放題の雑草ばかりで、それらしきものが見当たりません。)
a0113874_492654.jpg

係の人に教えて頂いてよく見るとありました。
a0113874_4102195.jpg

こちらは低農薬の有機農法の農園さんなのでこうなっているわけですね。草をかき分けてみれば、立派な落花生の株が現れました。さすがに真っ黒な良い土です。
a0113874_411311.jpg

えっこらしょ!
結構力仕事ですが、無事に抜けました。
a0113874_4141372.jpg

泥を払ってみると根元に沢山の落花生が付いていました。
a0113874_4132169.jpg

割り当ての10株を抜き終えました。
a0113874_413528.jpg

これを猫車に載せて移動して、ここからが大変でした。一株一株丁寧に実を外してゆきます。終わってみれば、こんなに取れました。
a0113874_4172628.jpg

これを事務所に持ってゆき、洗って頂きます。
a0113874_4181172.jpg

計ってみたら約3キロ弱ありました。
a0113874_419179.jpg

ひと仕事を終えてお腹も空いたので、農場内のレストランでお昼にしました。
a0113874_4193736.jpg

こちらは農場で取れる野菜を中心とした自然食レストランとなっている様です。
a0113874_4203718.jpg

自分が頼んだのはそばのペペロンチーノ風、連合いは鴨の赤ワイン煮でした。(“鴨”?さっきお米を買った時に合鴨農法の…、とありましたがひょっとしてお役御免になったあの合鴨君たちの最後のお勤めでは????と、気になりましたが黙っていました。)
前菜。
a0113874_423971.jpg

メインのそばのペペロンチーノ。リングイネ風の幅広に打ったそばを固めに茹でてソースに絡めてあります。
a0113874_4351073.jpg

デザート3品。
a0113874_424508.jpg

これにサービスのドリンクバーが付いて1,800円(税別)はまずお得です。お味の方もまずまずでした。
そば粉や新米のお米、どぶろく(この農園はどぶろく特区の指定を受けているのだそうです)などを購入して農園を後にしました。
その後向かったのは、こちらのお寺です。坂東三十三カ所の12番“慈恩寺”、100観音巡りの後残り幾つかの内の一つです。(100観音巡礼についてはこちらを見て下さい。)
a0113874_4292120.jpg

無事にお参りを済ませ納経を頂いて帰路に着きました。
収穫したピーナッツは頂いたレシピに従って茹でピーナッツにしたらほくほくしてとても美味、美味しく頂きました。(食べきれない分は冷凍にしたのでこれから少しずつ消費してゆく事にします。)
[PR]

by imba_potter | 2016-09-17 04:30 |
2016年 08月 20日

BBQの後日本のポンペイに災害を偲ぶ

この時期恒例となっている友人の別宅での会合に出かけてきました。
場所は別荘地で有名な長野県のとある町からほど近い場所です。アウトレットモールの駐車場に集合して、お昼に向かいました。佐久の鯉料理のお店です。
a0113874_1453631.jpg

自分は鯉料理が好物なので嬉しかったですが、何人かは鯉はダメという人もいてウナギにしていました。ぶつ切りにした鯉を味噌味の汁で煮た鯉こくはとても美味しいものでした。
a0113874_1454735.jpg

その後は途中のスーパーで食材を買い、友人宅でのBBQとなりました。自分はここ数年は焼き掛かりになっています。途中からは酔っぱらいながらですが何とか焼き終えました。
a0113874_1456675.jpg

この時期山の天気はとても不安定ですが、夕べから降ったりやんだりの空模様は朝になっても変わりません。
a0113874_14565589.jpg

二日酔いで痛む頭を抱えながらですが、昨日の食材の残りで朝食をとりました。空気が澄んでいるので美味しく頂けます。
a0113874_14575257.jpg

食事の後少し歓談してから解散となりました。自分はある場所に寄りたかったので皆とは反対の群馬県の方向に向かいました。
途中の農園の直売所で名産のキャベツとトウモロコシを買いました。
a0113874_14592647.jpg

目指したのは「鎌原観音堂」。天明の浅間山の大噴火で発生した火砕流に全村が飲み込まれ、477人の犠牲者を出し、その後昭和、平成の発掘により埋もれた村が発見された「日本のポンペイ」と呼ばれる場所です。観音堂はその際、村人が避難して97人が助かった場所、以前から一度来たいと思っていました。
a0113874_152322.jpg

観音堂手前の15段の階段の下には埋まってしまっていた35段の階段がありました。その最下部に母親と思われる女性とそれを背負った若い女性の遺体が発見されたそうです。階段を登り掛けたところに後ろから迫った火砕流に飲み込まれてしまったのでしょう、いたわしい事です。
a0113874_1541831.jpg

犠牲者977人の名前がびっしりと記された供養塔です。
a0113874_1562988.jpg

近くの記念館で当時の様々な暮らし向きを偲ばせる発掘品や災害の様子を再現した展示を見学して、つい最近も日本を襲った大災害の事を考えていました。
その後は吾妻川に沿って道を下り、関越道経由で帰る事にしました。お昼時間になったのでどこかでお昼をと思い以前行ったことのあるモツ煮の人気店が近かったので寄る事にしました。平日の昼間ですが、この行列です。
a0113874_1582238.jpg

モツ煮定食。モツ大盛り、ごはん半ライスで740円なりです。味は変わらずあっさり系で美味しかったです。
a0113874_1592668.jpg

その後はお腹が一杯になったのと、夕べの睡眠不足で襲ってくる睡魔と闘いながら何度もSAで仮眠をとったりしながら時間を掛けてようやく自宅まで帰りつきました。(歳をとると長距離のドライブは段々とキツくなってくるのを実感した日でした。)
[PR]

by imba_potter | 2016-08-20 15:11 |
2016年 08月 02日

八ヶ岳で同窓会に出る

ここ10年位毎年の恒例になっている八ヶ岳での同窓会に出てきました。今年は自分が幹事でした。お昼には手打ち蕎麦を打って振る舞ったところ、これが大好評でした。(写真はなし。)その後、この1年間の近況報告。大学で授業をしている先生の話し、世界の秘境の旅行の話し、韓国への3年間の語学留学を終えて帰って来た人の話し…などどれも面白い。
a0113874_557985.jpg

顔つきは紅顔の…とは行かないけど、中身は元気なシニアを地でいってる人達ばかりでした。
a0113874_5574635.jpg

夕食は近くのお好み焼きレストランで更に盛り上がりました。
a0113874_5581914.jpg

朝食。いつも地元のこだわり野菜でおもてなし頂ける宿舎のオーナーK君、感謝です。
a0113874_5592063.jpg

三々五々解散して、自分達は松本に1泊。現役時代に仕事で良く来ていた場所です。平出遺跡は縄文から平安まで約5千年に渡って人が暮らしてきた場所です。
a0113874_605925.jpg

a0113874_622466.jpg

お昼に食べた「おとうじ蕎麦」。鍋で山菜や鴨肉と一緒に煮たてた汁の中でこのそばをサッと湯がいて食べます。
a0113874_65785.jpg

松本城。入館は1時間待ちと、信州は真田丸人気で大変です。
a0113874_652737.jpg

夜は行き付けだった居酒屋で軽く飲んで終わり。
a0113874_662772.jpg

信州サーモン。
a0113874_664646.jpg

山賊焼き。(どちらもご当地の名物です。)
a0113874_672435.jpg

姨捨から見た善光寺平。
a0113874_68479.jpg

浅間山。
a0113874_68547.jpg

その後、もう1泊して用事を済ませて猛暑の東京に帰ってきました。
[PR]

by imba_potter | 2016-08-02 06:09 |
2016年 07月 17日

サンチャゴへの道2016

5月末から約1か月のサンチャゴ巡礼に行ってきました。その模様はパコのサンチャゴ巡礼日記に少しずつ記してゆきます。(暫くこのページをトップに置いておきますので、新しい記事は下をご覧ください。)
a0113874_17255052.jpg

(昨年の資料より)
[PR]

by imba_potter | 2016-07-17 23:18 |