印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅( 87 )


2013年 11月 19日

韓国紀行(2)景福宮の巻

宿泊しているホテルからほど近くに李氏王朝の王宮であった景福宮(キョンボックン)があります。
正門は光化門(クンファムン)です。これは、狛犬の祖先でしょうか。
a0113874_23543089.jpg

だんだんと韓流ドラマで見た世界が近づいてきました。
a0113874_23551585.jpg

1395年に建てられて、1592年文禄の役(秀吉の朝鮮出兵です)で破壊され、その後1867年に再建された後、1915年に博覧会の開催目的で90%が計画的に破壊されたそうです。(パンフレットの記載による。)
その跡に1926年に建てられた朝鮮総督府です。(絵葉書から。)
a0113874_00638.jpg

ドンドン進んでみます。興礼門です。結構な広さですが、観光客も沢山います。
a0113874_023867.jpg

正殿の勤政殿の前には、当時のものと思われる位階の記された石柱が立っています。それぞれの位に応じて整列するときの目印だったそうです。
a0113874_07259.jpg

“あっ、ドラえもん!”と言ったら、地元の少年が大笑いでした。
a0113874_081742.jpg

正殿の北を守る玄武です。どちらかと言えば、“亀さん”という雰囲気ですが不謹慎な発言は慎みましょう。
a0113874_010428.jpg

オンドルの焚口ですね。
a0113874_0111394.jpg

そして、煙の排気口。中々合理的に出来ています。
a0113874_0114735.jpg

チャングムでお馴染みの水剌間(スラッカン)跡は現在復元中でした。
a0113874_016455.jpg

まだまだ沢山ありますが、切りがないので止めにして昔の風景を見てみます。(絵葉書より。)
a0113874_0171325.jpg

往時の政治の中心地、景福宮を抜けると、そこには現代の政治の場、青瓦台があります。こちらも大勢の観光客で賑わっていました。(1970年台には北朝鮮から31人のゲリラが侵入して激戦があったと聞き、驚きました。)
a0113874_0212299.jpg

厳しい歴史を経て今日に至る流れを体験できた景福宮巡りでした。
[PR]

by imba_potter | 2013-11-19 00:00 |
2013年 11月 18日

韓国紀行(1)DMZツァーの巻

大学のクラスメートで、退職後に夫妻で韓国に留学中の友人を囲んだ「クラス会inソウル」に行ってきました。
海外には相当馴染んだ感はあるのですが、今回は文字がまず分からない、それとご存知の対日感情がどうかという事などもあって、ドキドキの出発でした。順不同ですが、感想が薄れない内に記しておく事とします。

(1)DMZツァーの巻。
DMZとはDemilitalized Zone(非武装地帯)の略です。そこに行くには参加資格制限と、ドレスコードのあるツァーに参加します。

イムジン河(臨津江)。
フォーク世代ならば一度は口ずさんだ記憶のあるメロディーが思い浮かぶと思いますが、その様なセンチメンタルな気持ちは平和ボケの自分たちの勝手な思い込みと感じます。(向こう岸は北朝鮮。)
a0113874_22431593.jpg

板門店。
南北の兵士が交代でお互いの監視に付いている、正に最前線です。
a0113874_2248398.jpg

向こう側は北朝鮮の監視施設。双眼鏡で兵士が監視しています。
a0113874_22504912.jpg

真ん中の盛り上がった所が、軍事境界線。
a0113874_22524875.jpg

その他にも、北側が秘密裏に掘り進めた(と説明のある)侵略用のトンネル見学などもあってハラハラ、ドキドキの観光コースでした。
a0113874_2255850.jpg

ガイドさんの説明では、こうした守備の兵士の95%は韓国軍が負担しているそうですが、この様な緊張感の中で守られている平和の尊さと厳しさを学んだ一日でした。

続く
[PR]

by imba_potter | 2013-11-18 22:58 |
2013年 10月 18日

3大がっかり名所って

高知の駅の案内所で聞いた話だけど、全国3大がっかり名所ってあるらしい。

a0113874_2243771.jpg


♪土佐ぁの~、こーちのはりまやば~しで・・・♪ がその一つ。
あと2つは?(調べたら、札幌時計台と東尋坊だそうな。)別に期待もしてないから、がっかりもしてないけど。それより、実話らしいけど、純信お馬の悲恋物語が悲しすぎ。


別のブログで、ドン・フランシスコの遍路日記を綴っています。
[PR]

by imba_potter | 2013-10-18 22:48 |
2013年 09月 17日

聖地巡礼

ウィキで聖地巡礼と引くと思いもかけない回答がかえってくる。
「巡礼(じゅんれい)とは、漫画・アニメなどの熱心なファン(愛好家)心理から、自身の好きな著作物などに縁のある土地を“聖地”と呼び、実際に訪れることをいう。」
この夏訪れた小諸市もその一つだった。
(西浦ダム)
a0113874_21345812.jpg

正面に見えるダムもその一つらしい。

もっと読む
[PR]

by imba_potter | 2013-09-17 21:55 |
2013年 07月 28日

Jitenshaでクラス会に行った

八ヶ岳でクラス会があるんで、あんなJitenshaの聖地に他で行く手はないって思った。ルーベと初めてのお出かけだし。
a0113874_2001278.jpg

(道の駅小淵沢)

もっと読む
[PR]

by imba_potter | 2013-07-28 20:12 |
2013年 03月 21日

八重山巡り(7)(西表島)

滞在僅か2時間で次の目的地、西表島に向かいました。
竹富島と西表島、お互いに目と鼻の先に見えているのに高速艇で40分も掛かりました。(この辺りはサンゴ礁なので、目の前に見えていても直線では向かえないのですね。)
日本最南端の信号。
島に2つしかない信号の一つで、もう一つは小学校前に小学生の教育のためにあるそうです。
a0113874_22192582.jpg


もっと読む
[PR]

by imba_potter | 2013-03-21 22:27 |
2013年 03月 19日

美らうた

2月からもうひと月も経つのに、あれ以来心の中で美らうたがひびきつづけています。
そんなある日、小浜島で出会ったミュージシャンのライブがあると聞いて小岩まで出掛けてゆきました。
a0113874_23564238.jpg

くーすにぬちぐすい。
もう次はいつ八重山にゆけるかとスケジュールとにらめっこしてみたり・・・。
a0113874_23573586.jpg

これは少しびよきかも知れませんね。
[PR]

by imba_potter | 2013-03-19 00:00 |
2013年 03月 07日

八重山巡り(6)(竹富島)

竹富島で忘れてはいけないのは、「なごみの塔」です。
島の一番の高台に、更にコンクリート造りの塔をこしらえて島が一望できる場所となっています。
a0113874_22401566.jpg

しかし、登るのも降りるのも一苦労。何せ階段の幅が足の大きさの半分くらいしかないにも関わらず、勾配は相当急ですから。1回にはお一人様限定です。
塔の頂上からの眺め。
a0113874_22423321.jpg

赤瓦が白いサンゴの道に映えます。
a0113874_22431260.jpg

説明書きによれば、そもそもは壇ノ浦(ですよ!)から落ち延びた平家の落武者赤山王という方の遺構を地元の方々が復興させて1953年に建築されたそうです。それにしても、平家の方々も随分と遠くまで落ち延びられたものですね。
a0113874_2246137.jpg

最後に、水牛の基地に戻ってブルーシールアイスを頂きました。トンガっているのはコーンで水牛の角を洒落ているんでしょうかね?紅芋味が中々イケてました。
a0113874_2250144.jpg


続く
[PR]

by imba_potter | 2013-03-07 22:49 |
2013年 03月 02日

八重山巡り(5)(竹富島)

皆さん何をされているのでしょうか?
a0113874_22582694.jpg

星砂探しです。
割と簡単に見つかるのですが、屋台で小さな瓶詰めを100円で買っている人もいました。(実はその後、ツァー参加者全員に配られたんです。最初に言わないところが優しさですね。)
a0113874_2303072.jpg

晴れていたらさぞや綺麗な…、といわず充分綺麗です。
a0113874_2313492.jpg

いくらいても飽きなそう。癒されますね~。
a0113874_2323082.jpg


続く
[PR]

by imba_potter | 2013-03-02 23:03 |
2013年 02月 28日

春遠し

東北の日本海側では記録的な豪雪のことが報じられています。
関東地方でも北部ではまだまだ春は先のことみたいです。南国と比べてみて、やはり日本は広いものだと実感しています。
(老神温泉)
a0113874_21115226.jpg

(沼田市付近)
a0113874_21123758.jpg

[PR]

by imba_potter | 2013-02-28 21:13 |