印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅( 87 )


2013年 02月 27日

八重山巡り(4)(竹富島)

高速船で10分余りで竹富島に到着しました。
桟橋近くの「ゆがふ館」とかで島の歴史を見たかったのですが、団体行動なので許されません。代わりに連れられていったのが、水牛車での島めぐりです。
a0113874_2245078.jpg
水牛というものを始めて間近で見ましたが、中々迫力ありますね。音もなくゆらゆらと進む様はしまのゆったりした雰囲気に合っていますね。
でまぁ、こんな道とか。
a0113874_21592378.jpg

こんな道とか、普通にあります。
a0113874_2201855.jpg

道がそもそもサンゴのカケラでできているんですね。驚きました。
本島では2体のシーサーですが、こちらでは屋根の上に1体が主流みたいです。一つ一つの表情が面白いですね。
a0113874_2255787.jpg
a0113874_2211362.jpg

あぁ~もっとゆっくりしたい。と思いつつも、次の行程が待っています。

続く
[PR]

by imba_potter | 2013-02-27 22:02 |
2013年 02月 26日

八重山巡り(3)

そして夜が明けました。さすがに夜明けの時間のずれは経度の違いか、日本も広いものです。
7時半ですが、まだ薄暗いですね。
(石垣市)
a0113874_22205490.jpg

今日の予定はプログラムでは西表島ですが、天候によっては竹富島と入れ替わりますとあります。そして、その予告通り竹富島となりました。
石垣島ドリーム観光のゆるきゃらみたいですね。
(ドリカン君)
a0113874_2223979.jpg

船の出発までに少し時間があるみたいなので、船着場の売店を覗きます。こういうのが楽しいですね。
地元産のお弁当。メインのおかずが玉子焼きとスパムというのがご当地らしくて、しかも350円なり。普通なら買っちゃいますが、今回はすべて食事がこみこみなので次回に見送りです。(水を買ったら、黙っていても10円割引してくれました。なぜ?って聞いたら、「やまねこマラソン」協賛だそうです。)何かわからないままに、ありがとうございます。
a0113874_22265492.jpg

ドリーム観光の高速船で竹富島に渡ります。いよいよ、八重山の離島です。ワクワクしますね。
a0113874_2227596.jpg


続く
[PR]

by imba_potter | 2013-02-26 22:23 |
2013年 02月 25日

八重山巡り(2)

凡そ団体行動が苦手で、普段の旅行ではいつも気ままな旅を楽しんでいるのですが今回は効率重視ということで、団体パックでの旅行です。
最初にびっくり、出発時間が午後3時!えっ、じゃぁ石垣島に付くのは…。7時でした。
ともあれ、無事に飛び立って(787じゃなくて、今主流の777です)富士山の上空です。ご挨拶までに1枚。
a0113874_2354935.jpg

予定通り、19時に石垣島に到着しました。そこで団体様での夕食となりました。ニヘデビール、面白い名前ですが、味は中々いけました。
a0113874_2373041.jpg

皆さんはそこから鍾乳洞の見学(この時間に?)にいらっしゃいましたが、我々はホテルの近くの居酒屋でうちなーの夜を楽しんだのでした。(これで、2泊3日の1日が終了?)
a0113874_2385513.jpg

しかし、やっぱり沖縄はいいですね~。
(続く)
[PR]

by imba_potter | 2013-02-25 23:10 |
2013年 02月 22日

八重山巡り(1)

去年は体調不良で涙を飲んだ八重山の旅、今年は念願叶いました。
本島以外は初めてとなる今年はJitenshaの下見を兼ねて、ツァーでの参加としました。何せ、島から島への土地勘が全くありませんのでね。
初日は大体移動で終わってしまって、2日目、3日目とそれぞれの島々を回ってきてほぼ終盤ですが、カンムリワシと川平湾です。

(カンムリワシ)
生きているのに初めてお目に掛かりました。
a0113874_2312965.jpg

(川平湾)
季節柄ピーカンとは行きませんでしたが、エメラルドグリーンがとても綺麗でした。
a0113874_2315667.jpg


盟友上総守殿の同記事とのコラボでお送りしました。

続く
[PR]

by imba_potter | 2013-02-22 23:07 |
2012年 11月 23日

ご当地グルメ

最近は色々とご当地グルメが紹介されて、旅の楽しみが増えているのはいい事です。自分も大体旅の夕食はご当地グルメを試して見ることとしていますが、余り外れのないのも嬉しい事です。
a0113874_9415919.jpg

ハモ。(大阪)少し季節には遅れた時期ですが、オヤジさんが特別に料理してくれました。

もっと読む
[PR]

by imba_potter | 2012-11-23 09:46 |
2012年 11月 10日

錦繍

先日は立冬。一年の経つのは早い・・・、異口同音に聞かれます。
ものの本によると、そうした遷ろい易いものへの愛惜の気持ちは日本人に特に強く見られる特徴だそうです 。
a0113874_19403034.jpg

a0113874_19405199.jpg

四季がはっきりとあることがそうした精神性に少なからず影響を受けていることと思います。

a0113874_19452348.jpg
そのような国に生まれた幸せを感じられるのも秋の楽しみ方の一つです。
(昭和村)
[PR]

by imba_potter | 2012-11-10 19:44 |
2011年 11月 19日

ご当地グルメ

最近用事でアチコチ行脚する事が多かったですが、ご当地グルメをいろいろと試して来ました。
(札幌ラーメン)・・・定番ですね。
a0113874_21233814.jpg


もっと読む
[PR]

by imba_potter | 2011-11-19 21:25 |
2011年 11月 04日

バードの見た大内宿

イザベラ・バードは19世紀イギリスの旅行家、文筆家。
そのバードが開国間もない日本を旅して著した“日本奥地紀行”は130年前の日本の姿を伝える貴重な資料として読み継がれています。
時に親しみを込めて、時に辛らつなバードですが、大内宿についての記述は思いのほか短いものです。
“わたしは大内村の農家に泊まった。この家は蚕部屋と郵便局、運送所と大名の宿所をいっしょにした屋敷であった。村は山に囲まれた美しい谷間にあった。”
バードの泊まった家は今も残っています。(右手前、2軒目の「美濃屋」さん、です。)
a0113874_21482654.jpg


もっと読む
[PR]

by imba_potter | 2011-11-04 21:48 |
2011年 11月 02日

秋深し

♪満開の桜や 暮れ行く山の紅葉を
 この後 一体何度 見ることになるだろう♪は、竹内まりやの“人生の扉”です。
今年もまた、そんな季節が走り過ぎて行きます。
(南会津町)
a0113874_22455548.jpg

(下郷町)
a0113874_22434584.jpg

a0113874_22464646.jpg

今月はもう11月、みちのくの秋は駆け足です。
[PR]

by imba_potter | 2011-11-02 22:47 |
2011年 09月 28日

本当の目的は

嵐の中の北帰行、何とか目的地に到着しました。
オホーツクセンチュリーライド」、良いですね。
a0113874_20411449.jpg

でも、今回の目的はそれじゃないんです。

もっと読む
[PR]

by imba_potter | 2011-09-28 20:51 |