「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:自転車(アイテム)( 73 )


2016年 10月 07日

ステムの長さを縮めてみる

ピナレロ号に乗り始めて9年になりますが、寄る年波には勝てず段々と前傾姿勢がきつくなってきました。こちらの自転車は専らツーリング専用となっていますのでそこまで前傾を取る必要もなかろうとポジションの変更を考えていた頃、ショップの方で余ったステムを格安で放出しますというアナウンスがありました。格安と聞けばこの機会を逃す手はないと早速それに乗る事にして、短いステムをゲットしてきました。
元々のが11cmで今度が9cmですから、2cmほど縮まる事になります。
a0113874_8502172.jpg

途中で何を間違えたか、ステムのハンドルに取り付ける部品を新旧取り違えてしまい“入らない、入らない”と大苦戦したのはありますが何とか色んなホルダーも含めて無事につけ終えました。(しかし、年よりは思い込みが激しいといいますが今回もまさか部品を取っちがえているとは思いもせず、バカの一つ覚えの様に入らない入らないと悪戦苦闘していたのははた目にはお笑いだった事でしょう。)
a0113874_8531428.jpg

テストに少しだけ乗ってみた感じでは大分ポジションが楽になった様な気がします。
a0113874_8535725.jpg

歳とって体が硬くなったり脚力が衰えたり、目が見えなくなったり頭が悪くなったりとかいろいろと経年劣化の不具合が出てきますが、道具の方も少しずつそれに合わせて行くのが良い様な気がしました。
[PR]

by imba_potter | 2016-10-07 08:55 | 自転車(アイテム)
2016年 08月 13日

ロードバイクにサイドスタンドを付ける

街乗りに使っているロードバイクにサイドスタンドを付けてみました。正直少し抵抗がなくはなかったのですが、街乗りではやはりスタンドがないと不便な事が多いので付ける事にしました。付けたのはギザプロダクツというメーカーのCL-KA77という製品です。サイドスタンドにもいろいろと種類があって迷ったのですが、値段、見栄え、そして長さが調節可能という事でこちらにしました。価格はアマゾンで1,810円でした。
(Before)
a0113874_10173067.jpg

アーレンキー1本で簡単に付きました。(シートステー、チェーンステーとの接触部分には念の為瑕防止のためのゴム板を挟みました。)
(After)
a0113874_1018449.jpg

見栄えもそこそこで、しっかりと立っていますね。これでこの子と出かける事も益々増えるでしょう。今考え中のある事にも使えそうです。(その事については又改めて。)
[PR]

by imba_potter | 2016-08-13 10:20 | 自転車(アイテム)
2016年 05月 18日

自分もDixna-La・Crankに換える

先日連れ合いの自転車のフロントのギアを軽いものに換えたという事を書きました。その後、どうも使用感が良さそうなので自分も換えてみる事にしました。ショップにお願いして約1週間、今日その使用感を試してみる事にしました。因みに、今までのギアは50-34に対して、今度は47-29となります。
(before)
a0113874_21321888.jpg

(after)
a0113874_21325836.jpg

黒色がフレームの色にマッチしています。クランク長は170mmから165㎜に少しだけ短くしましたが、チェーンリング自体が小さくなっているのでチェーンリングからの出っ張りが長く見えます。
寄ってみます。
(before)
a0113874_21344153.jpg

(after)
a0113874_2135361.jpg

前後輪の大きさの差が拡大しているのが分かりますね。
使用感を確かめるために印旛沼辺りの坂をいくつか走ってみました。
a0113874_2142121.jpg

ぶれてますね、坂を登りながら撮りましたのでお許しください。
a0113874_21424783.jpg

インナーの29Tという小ささが一つの特徴になっていますが、その効果は十分発揮されました。今回登った短いですが激坂で、やはり今までとは足の回り方が違うのが実感されました。
しかし、自分的にそれと同じかあるいはそれ以上に実感されたのはアウターが50Tから47Tになった事で巡行が軽くなりました。その結果、後ろのギアの使える範囲が広がったのが大きかったです。50Tで使える後ろのギアはローから数えて数枚程度だったのがこれでほとんどのギアを使えるようになりました。この効果は予想外の喜びとなりました。
よく言われるQファクターが小さくなるという事、それと重さの事、それは分かりません。
体力の衰えを道具に補ってもらう、悲しい現実ですがそれもありと思えるのが老人のしぶとさかもしれません。
[PR]

by imba_potter | 2016-05-18 21:36 | 自転車(アイテム)
2016年 05月 03日

夏用ジャージが届く

3連休の初日、いきなり夏日の様な按配になりました。こうなるとサイクリングウェアの方も考えないといけません。
しばらく前にショップのウェアを追加発注するので、というお達しが回っていたのでお願いしていましたのが届いたとのお知らせです。早速取りに行ってきました。
a0113874_21365918.jpg

全体のデザインはこういう風になります。(色違いですが。)
a0113874_2137458.jpg

この色使い、老人には少し派手過ぎないかというためらいもありますが、できるだけ目立った方が安全のためにも良いかと自分に言い聞かせて恥ずかしさを抑えて着る事にします。
[PR]

by imba_potter | 2016-05-03 18:34 | 自転車(アイテム)
2016年 04月 30日

Dixna La・Crankを試してみる

先日の四国行の峠道で頑張って苦労した連れ合いのギアを坂道仕様に変えるのに、最初はリアのスプロケットを大きい歯数のものにしようと考えていました。

ふと思ってショップの店長に“フロントの歯数を減らすってできないの?”と聞いたところ、大丈夫との心強い回答でした。そこで薦められたのがDixna(ディズナと読みます)というメーカーのLa・Crank(フランス語の女性名詞の前に着く冠詞が付いていますが、フランス語ではありません)という製品です。

因みに、最初考えていたリアのスプロケットを最大32にすると今のフロント50-34のコンパクトクランクですと最も軽いギアの組み合わせでギア比は34/32で1.06となります。(ペダルを1回転するとホイールが1.06回転するということ)今度のDixnaは47-29という歯数ですから、同じスプロケを使って最も軽いギアにすると29/27という事でギア比は1.07となります。これはリアを最大32にするのとほぼ同等の効果が得られるという事です。そこでどちらを選ぶかという事ですが、リアを32にするとディレーラーのアームをロングゲージ(変速機のアームが長い)しないといけないという事があります。そうなると輪行する時にエンド金具で保護すべきアームがエンド金具より出っ張ってしまうという問題がでます。それはアームを引っ張ってベルクロでフレームに固定するという方法で対処できますが、輪行に一手間増える事となり、それでなくても面倒な輪行が更にやり難くなります。

という訳で、今回はLa・Crankを入れる事にしたわけです。因みに、この製品はクランク長も140mmから選べるようになっているのと、Qファクター(ペダルとペダルの間の長さ)が小さくなっているのが小柄な日本人に有利というのがキャッチフレーズになっています。しかしながら、クランク長を短くするとてこの原理で坂道を軽くする効果が減殺されますので、クランク長は前と同じ165mmを選ぶこととしました。
(before)
a0113874_177289.jpg

(after)
外見は少しギアの板の抜きが多い分華奢に見えますね。
a0113874_1782524.jpg

アップしてみましょう。
(before)
a0113874_17958.jpg

(after)
フロントが小さくなっているのが分かりますね。
a0113874_1793640.jpg

早速その効果を試しに坂道を走ってみる事としました。
簡単に坂道と言ってもここ印旛沼周辺では坂道はなかなかありませんので、印旛沼を見下ろす丘の上に登ってみる事にしました。
あれぇ、道がガードレールで塞がれています。誰かがカーブを膨らみ過ぎてガードレールをなぎ倒してしまったのですね。
a0113874_1712424.jpg

丘の上の公園までの急坂、“もっと早くても良いよ”とのたまいつつ軽やかに自分を追い越してゆきました。なるほど、効果はあった様です。
a0113874_1714196.jpg

公園での火気は禁止ですから用意だけで今日は野点はしません。
a0113874_17151563.jpg

丘の上からいつも走っている印旛沼を見下ろします。
a0113874_17315861.jpg

効果も確認できたところで向かい風の中ゆるゆると帰ってきました。
途中道の駅で休憩。ベンチで横になっていると脇を沢山のサイクリストが過ぎてゆきます。今日は連休2日目の土曜日、お父さん達も自転車を楽しんでいる様でした。
a0113874_17233569.jpg

自分も欲しいな、La・Crank、しかし2福沢諭吉+アルファはちと懐に響きますのでググッと我慢の子です。
走行距離31.0km
[PR]

by imba_potter | 2016-04-30 17:18 | 自転車(アイテム)
2016年 04月 14日

野点グッズを試してみる

桜もあっという間に終わってしまい、何か気が抜けた様な代わりに一気に若葉が伸びてきました。こんな時期は野点の道具を用意して外でコーヒーなど飲みたい季節です。という訳で、家にあった道具を久々に引っ張り出してきました。
コールマンのピークワン。30年ほど前に購入したものですが、最近はすっかり出番が無くなっていました。
a0113874_17382531.jpg

ホワイトガソリンを入れてコシコシコシ(加圧の音)して着火。強い火力は変わっていませんでした。カップは選んで買うつもりなのでそれまではホムセンで買った紙コップとホルダーで対応します。はい、出来上がり。
a0113874_17404220.jpg

次はJitenshaに乗せてどこかに行ってみることにします。
[PR]

by imba_potter | 2016-04-14 17:42 | 自転車(アイテム)
2016年 04月 12日

パナレーサーリブモ700X25Cに換えてみる

ツーリング仕様のタイヤといえば定評のあるパナレーサーリブモですが、前回MTBのタイヤをこれに換えて1,600キロのツーリングをした時もキズ一つなく頑張ってくれました。交換した時の記事はこちらです。
今回ロードバイクをツーリング仕様に変換するに際して少しだけ悩んだのが、タイヤでした。少し調べてみたところ、リブモにも700X25Cがある事が分かりました。
それではと、早速ネットで取り寄せて付けてみる事にしました。評判では随分と固くてはめにくいとの事でした。確かに他の大概のタイヤは手だけではめる事ができたのですが、今回は少しだけタイヤレバーのお世話になりました。
見かけはこういう形です。真ん中が凸型に出っ張っているのが特徴ですが、このサイズではそれはあまり目立ちません。
a0113874_21324411.jpg

これまではグランプリ4000Sの700X25Cだったのですが、ギリギリのフレームとのクリアランスが問題でした。今回は軽々とクリアしました。写真では良く分かりませんが、これまでは雨の日などはタイヤに付着した泥などがフレームに干渉するのが気になりましたがそれもOKです。
(before)
a0113874_21342919.jpg

(after)
a0113874_2135235.jpg

クリアランスの心配をするまでもなく、えっこれで25C?って思うほどスリムな形です。
a0113874_21502986.jpg

a0113874_21361594.jpg

肝心の乗り味に関していえば、それまでのフワフワした乗り心地からゴム芯の固さがコツコツと伝わるような、ある意味では乗り心地の悪い、別の意味ではパンクに対する安心感のある、そんな感じでした。(勿論個人によっては感じは違うでしょうが。)最後に、重さ的には225g→330gですから、前後合わせて210gの増加となります。これを大きいと見るか安心料として考えるか、それはお任せしますが自分的にはこれで良かったと思います。
[PR]

by imba_potter | 2016-04-12 21:46 | 自転車(アイテム)
2016年 03月 23日

カーボンロードバイクにパニアバッグを付けてみる

カーボンロードバイクにリアキャリアを付ける事については以前記事にしましたが、今日はそのリアキャリアに実際にパニアバッグを付けて走ってみる事にしました。ルートはいつもの印旛沼サイクリングロードです。
最初に農業交流センターにあるスマイルデイズでお弁当を買いました。
a0113874_20533072.jpg

何かとバタバタしていた2週間の間に河津桜の並木はすっかり葉桜になっていました。
a0113874_20542751.jpg

今日は試走ですので、バッグの中身はペットボトルなどで重さを量っています。自分は2リットルのボトル2本とバッグの重さを合わせて7キロ弱、実際の重さもこのくらいでしょう。
a0113874_20554441.jpg

以前カーボンMTBにバッグを付けた自転車旅はしたことがありますが、カーボンロードバイクにバッグを付けるのは初めてです。カーボンフレームの特徴としてしなりますが、ロードバイクの繊細なフレームがどれだけバッグの重さに耐えられるのか、それが心配でした。
a0113874_2183659.jpg

走ってみた結果としては、カーブしたりするときに注意は必要ですが問題になりそうな振れは感じられませんでした。
ソメイヨシノはもう少し掛かりそうです。
a0113874_20582450.jpg

ふるさと広場で買ってきたお弁当を広げました。
a0113874_2059086.jpg

ご無沙汰していた2週間のにチューリップの花芽もすっかり伸びて、中には咲き始めている気の早い株もありました。
a0113874_20594767.jpg

その後、坂道を入れたりしながらアップダウンの試走をして大体の感じがつかめたところで帰路に着くことにしました。途中農業法人のやっている直売所兼休憩所で休憩をいれます。
a0113874_2113396.jpg

帰路に目にした雪柳、名前も姿も綺麗な花ですが今が丁度見ごろでした。
a0113874_213366.jpg

その後すっかりご無沙汰していた輪友のFさんと偶然に出会ったり、その後もKさんとも出会うなど久々のサイクリングロードでいろいろな人にお会いしたのは嬉しい偶然でした。
a0113874_2143741.jpg

走行距離50.5km
[PR]

by imba_potter | 2016-03-23 21:04 | 自転車(アイテム)
2016年 02月 10日

横風に適正なリムハイトを感じる

先日シンクロスRL1.0のカーボンホイールに交換してから初めて強風の中を走ってみたインプレです。
最初に、カーボンホイールに替えたメリットはなんといっても先ずその軽さでしょう。これまで着いていたキシリウムエキップが前後で1.69㎏、RL1.0が1.31㎏ですから約400g軽量化した事になります。ルーベS-ワークスSL3。ペダルが付いて7.5㎏、ペダルなしだと7㎏を少し超えるくらい。十分な軽さといえます。
a0113874_1353953.jpg

カーボンホイールというとリムハイトが非常に高いものを良く見かけます。このモデルにも38㎜と50㎜のオプションがあります。しかし以前から思っていたのですが、あんなに高いと横風にどうなんだろうと心配になります。直線の時の風切りが少ない分走行性能が良くなるのは理論的にはあるでしょうが、それは30kmとか40kmとかで巡行する場合の事でしょうから我々には関係ないですね。それに比べて、横風は普通のサイクリストでも日常的に遭遇するわけですから考えないといけません。正に昨日の強風はそんな風でした。横から時に吹き付ける突風、自転車が振られます。その時にこのホイールのリムハイト28㎜は大きく振られる事もなく、安定していました。やはり見かけ重視より性能重視が一番と思った日でした。
a0113874_147015.jpg

[PR]

by imba_potter | 2016-02-10 13:57 | 自転車(アイテム)
2016年 02月 07日

格安レーパンを使ってみる

格安とか激安に弱いという事は前にも書きました。おかげで携帯も格安スマホを使ってます。
冬用のレーパンが1個しかないのですが、10年近く使ってきてお尻のパッドもペタペタにへたってしまいましたのでそろそろ買い替えをと思い探してみました。大体サイクリング用の衣類といえばこれまではあの真珠泉印と決まっているのですが、探せば色々とあるものですね。これだけサイクリストが増えてきて一般のメーカーも参入してきたということでしょうか、有難い事です。で、某通販サイトで見つけたのがこちらです。
a0113874_9253892.jpg

(サイトウインポート) saitoimportウインドブレーク 3Dパッドタイツという商品です。値段はなんと3,480円。大体大手メーカーではその2~3倍はしますから激安と言っていいでしょう。とはいうものの、早速試着してみました。ふるさと広場までひとっ走り。
a0113874_915116.jpg

気温5℃。前面の部分はウィンドブレーク素材が使わていてしっかりと風邪を遮ってくれます。膝の部分はしっかりと立体裁断がされていて、後ろの部分の柔らかい素材と合わさって足の動きも滑らかです。最初は少し頼りないかなと思われた厚さですが、足が回りだすとともに適度な保温具合になってきて保温性能も十分でした。お尻のパッドの具合も最初は少し窮屈感があったのですが、恐らくそれはヘタったパッドを長く使って慣れてしまっていたのでしょう。厚さも十分で適度に保護してくれます。うん、これでこの値段は十分ありかと。(当然ですが、ロゴや目を引く色使いとかはありませんので、見かけ重視の人には向かないかもしれません。)もし買いたい人がいれば、こちらからどうぞ。(アフィリエイトしてませんので、お好きにどうぞ。)
走行距離33.8km
[PR]

by imba_potter | 2016-02-07 09:22 | 自転車(アイテム)