<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 31日

59個1000円なり

59個1千円、福島県南会津町でのリンゴ生産農家直営の販売所での値段です。
こんな立派な(袋が掛かっていなかった分チョッとだけデコボコしていますが)王林です。
a0113874_22383546.jpg


もっと読む
[PR]

by imba_potter | 2011-10-31 22:43 | 日々のよしなし事
2011年 10月 23日

JCA全国サイクリング大会inみえ

JCA全国サイクリング大会に行ってきました。
今年で55回目を迎えるこの大会、今回の開催地は伊勢神宮のお膝元、三重県の伊勢市です。
a0113874_17123461.jpg

お正月のカレンダーなどでお馴染みのこの風景、伊勢市の二見浦という所だったんですね。初めて実物をお参りさせて頂きました。(猿田彦神社のご神体の鳥居の役目とか。)

もっと読む
[PR]

by imba_potter | 2011-10-23 17:16 | 自転車(イベント)
2011年 10月 17日

10年の歳月は長い

秋は色んな事が楽しい季節ですね。
中でも、スポーツの秋。様々なスポーツが盛んですが、先日は我家の近くで大きな大会がありました。
チョッと訳があって夕刻の同窓会までの時間が開いていたので、覗いてみました。
a0113874_22442056.jpg

噂には聞いていましたが、遼君人気の凄さを目の当たりにしました。
しかし、10年前に同じ場所で行われた時とメンバーの変わり様に時の流れを感じさせられましたね。
[PR]

by imba_potter | 2011-10-17 22:46 | 日々のよしなし事
2011年 10月 14日

ツールドちば2011-お弁当編

ツールド千葉の魅力、沢山ありますが、間違いなくお弁当もその一つです。
お弁当コーディネーター、小林しのぶさんによる千葉の食材を沢山使ったオリジナル弁当が連日大会を盛り上げます。

1日目、「とりそぼろ詰め変わり幕の内」。
とりそぼろ、菜の花、とり照り焼き、揚げ出し豆腐、さつま芋甘辛煮、揚げ出しなす、海鮮シューマイ、豚角煮、卵焼き、野菜の煮物
a0113874_21542029.jpg

2日目、「秋色ハンバーグ弁当」。
秋色ハンバーグ、千葉ポークの焼き豚、目鯛のてりやき(大原産)、人参・レーズンサラダ、ミニトマト、小梅・きゅうりたまり漬け、なしのワイン煮(岬産)
a0113874_21544098.jpg

3日目、「上総旨いもの弁当」。
秋刀魚の蒲焼、はかりめ(アナゴ)浅炊き、県産豚のひれかつ落花仕上げ、椎茸海老しんじょう、房総親鳥つくね、鴨川ひじきとさざえ、菜の花の落花生風味、お野菜いろいろ、しめじご飯浅利添え、てっぽう漬け
a0113874_22125480.jpg


とまあ、紹介するのも大変なくらい盛り沢山な地元の味のオンパレードです。(勿論、味の方もバッチリでした。)
自転車を通じてこの様な郷土のスローフードに触れる、そんな良い機会にもなってますね。
[PR]

by imba_potter | 2011-10-14 21:54 | 自転車(イベント)
2011年 10月 12日

ツールドちば2011-出会い編

公私共に大変なツールド千葉のスタッフ業務ですが、やはりそれにも増して嬉しい出会いの数々があります。

1日目の昼食会場は八街町の小学校。地元の祭囃子が迎えてくれました。
a0113874_21235987.jpg


もっと読む
[PR]

by imba_potter | 2011-10-12 21:21 | 自転車(イベント)
2011年 10月 11日

ツールドちば2011-ルート編

今年のルートは去年までとは大分変わっていますが、それだけではなくて3日間で350Kmを走るというのは例年より長い気がします。
しかも、内陸の山間部が多く組み込まれています。という事は、坂が多い・・・。累計獲得標高差は2,960mになります。
a0113874_21502316.jpg

そんな中、自分の役割は会場から持場に自走で行き、準備を整えて最初の組の到着を待って色々とお世話をするというものです。という事は、現役の競輪選手に引かれた高速グループより1時間は早く到着していないといけない事になりますね。ルートを自分のログと比較してみました。

1日目、正規のコースと同じですね。早朝出発して頑張りました。標高差は700m強、まだ平坦ですね。
a0113874_21504783.jpg

2日目(青のルート)もほぼ同じですね。標高差980m。チョッときつかった。(少しショートカットしていますけど。)
a0113874_2151213.jpg

3日目、正規のルートと比べると大分ショートカットですね。軟弱と言われても何と言われても(誰も言ってない?)現場に早く着いて準備万端お迎えするのが任務ですから、自分の走りは二の次です。(それでも、健脚な同僚は正規ルートを走って時間通りに到着しました。エライ!)標高差1,300m弱です。
a0113874_2273875.jpg

あ、それと最終組を送り出してからは、本隊を追っかけて参加者のアシストをするのも任務の一つになってます。
[PR]

by imba_potter | 2011-10-11 21:51 | 自転車(イベント)
2011年 10月 10日

ツールドちば2011

「ツールドちば2011」、今年もスタッフで参加してきました。
早朝6時からのスタッフミーティング.
今年は震災の影響もあってコースが例年とは大幅に変更となり、例年参加のスタッフにとっても普段にも増して緊張する大会となりました。
天気予報は3日間とも晴!自分の知る限りでは、つるちば史上初めてではないでしょうか。
a0113874_2173315.jpg

[PR]

by imba_potter | 2011-10-10 21:08 | 自転車(イベント)
2011年 10月 05日

地(自?)ビール

地ビール作りに挑戦してきました。
とあるローカル線の無人駅を降り立って暫く歩いた場所にその工房はありました。
元々は100年も続く日本酒の蔵元、今は地ビールでも知られた存在とか。
a0113874_22285559.jpg

色んなサンプルを試飲して作られる(筈の)地(自)ビールの味を決めてから、モルトやホップを決めたり、分量を計ったりと結構緻密な準備が進められます。
こんな立派な設備を使わせて頂けるみたい。どんなビールになるかな?
a0113874_2231762.jpg

その後、計ったり、砕いたり、汲んだり、搔き回したりで大忙しで4時間掛かってやっとビールの赤ちゃんができました。
後の発酵過程は工房でやって頂けます。
a0113874_22335978.jpg

優しく、時には厳しく指導して頂いたインストラクターのお嬢さん。
有難うございました。
a0113874_22345822.jpg

どんな味になるか、3週間後に結果が分かります。
[PR]

by imba_potter | 2011-10-05 22:33 | 日々のよしなし事
2011年 10月 03日

ヒガンパナ

ヒガンバナ科の多年草。別名マンジュシャゲ、ハミズハナミズ、シビトバナ、ソウシキバナ。
今度の週末の「ツールドちば」に備えて、足慣らしに走った道すがら満開でした。
a0113874_21454257.jpg

彼岸の頃、突然という感じで何もなかった場所に忽然とこの真紅の花が咲き出すのは一種ミステリアスな感じがします。
その名前がどことなくおどろおどろしいのも、そんな由来によるものでしょうか。
a0113874_21472269.jpg

中国揚子江の中流域を原産地とするこの花、遥か縄文期に日本に渡来して以来西日本から東北南部まで分布しているそうです。驚くのは、その広がり方。何と、元々は海を越えて流れ着いた(!)球根が、人の手で(!)広がって行ったそうです。(柳宗民「雑草ノオト」より)
遠い昔に想いを馳せながらの久し振りの印旛沼サイクリング、良いものでした。
a0113874_2151754.jpg

北印旛沼のサイクリングロード、まだ復旧には時間が掛かりそうですね。
[PR]

by imba_potter | 2011-10-03 21:52 | 日々のよしなし事