印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 26日

江戸の女ブロガーのこと

療養中に読んだ本の続きです。

「きよのさんと歩く大江戸道中記」。
いささか事大主義的な命名に少し腰が引けたが、ぱらぱらめくる内に、これはチョッと面白そうだぞとレジに向かった。奥州は鶴岡藩の富裕な商家の女将、三井清野という31歳の女性が供の手代を一人伴って行った東日本一周の大旅行日記である。当時は庶民の旅行は表向き相当制限されたいたが、お伊勢参りという名目であればかなり自由に往来が許されていたようである。
a0113874_2050563.jpg

その彼女が、延べ108日間を掛けて巡った距離がなんと617里(2,420キロ)という。内容は、彼女がその旅程で見聞きする事ををこまめに記しているのだが、大体大まかにいって、その日の行程、立寄ったところ、食べたもの、そして宿とその料金。手短な感想を付け加えるのも忘れない。
読んでいて、ふと気付いた。この流れ、どこか身近に感じるものがある。そうだ、これは正に江戸時代の女ブロガーなのだと。盟友上総守殿によれば、歩録とも書く様だが、正にそれを地で行く道中記である。矢張り、一日10里近くも移動(馬や駕籠も頻繁に利用するが)すればお腹も空くだろう。団子の類は良く食べている。そして、結構左党なのも共感を呼ぶところだ。(この辺りも、自転車ブログのテーマと相当共通するものがある。)
a0113874_2058851.jpg

女性が歴史のページにに記録される事の少なかった時代、彼女の事はこの旅日記以外は分かっていない。しかしながら、江戸末期、黒船の来航もまだ予感されないこの時代、ひとりの女性の生々しい息遣いが200年後の今日に伝わってくる。正に、時代を超えた女ブロガーというべきであろう。コメントを投稿出来ないのが玉に傷ではあるが、十分楽しめる一冊だ。

金森敦子著
筑摩書房 950円
[PR]

by imba_potter | 2012-02-26 20:41 | 自転車(アイテム)
2012年 02月 25日

大東京ぐるぐる自転車

沢山の方々からお見舞いを頂きました。改めてお礼申し上げます。
この2週間、規則正しく起床して、夜は大体9時(遅くとも10時には)就寝というヒジョウに健康的な生活を送ってきました。お陰で、本は沢山読む事ができました。

「こぐこぐ自転車」の伊藤礼先生の第3作。
前作のテーマは、古希を前にして自転車に捕りつかれた先生が熱い思いを込めて語った壮年自転車ライフの楽しみ方だが、今回はその6年後、喜寿を迎えてどんな風にその思いが、そして自転車ライフが変わっていったかを楽しみに書店の書棚に手を伸ばした。
前作では三浦半島からフェリーで渡った房総で、雨に降られたり、怪しげなおじさんに道を聞いたり、民宿では出前の寿司で歓迎されたりと散々な目にあった房総の旅であった。お陰で、自分も度々走る長狭街道の横根峠では思わず股間に腫れ物が出来た錯覚に陥ったり(詳細は原作ご参照)、館山の辺りでは決して道に迷わない様に心がけたり、未だに館山で民宿には泊まれない。トラウマだ。
a0113874_1032727.jpg

今回は、その名の通り基本は東京(氏の住む杉並区を中心としたエリア)を様々に徘徊するについてのエピソードだが、前作との違いで言えば、矢張りガムシャラに自転車を走らせるというスタイルは陰を潜め、行く先々での見聞や出会いについての薀蓄(失礼)、そしていつもの通りのユーモアである。出展が月刊誌の連載だけに、1回毎の字数が限られるので、多くの場合は目的地までたどり着けずに終わってしまうのだが、それは作者の意図とも伺えなくはない。
その他時間を感じさせるのは、アイテムの進化である。S家電メーカーの自転車用ナビ(これは自分も愛用)を装着し、その電池の容量の少なさを嘆いている。「デジタル標高地形図」というのも目を引く。通常は10メートルの標高線の間隔が、何と10センチの単位で東京都内の標高を表した地図だそうだ。坂道の苦手な自分などは必携のアイテムといえるだろう。
目的地までの詳細なルート解説よりは、むしろ氏の視点の多彩さや、人に向けられる眼差しなどの面白さに惹かれた。ブログのあり様にも大いに参考になった。
お年相応に諸所に問題を抱えつつも、体調と相談しながら相変わらず彩りの多い自転車ライフを送っておられる伊藤礼氏の最新作。元気を頂いた。
[PR]

by imba_potter | 2012-02-25 10:32 | 自転車(アイテム)
2012年 02月 22日

乗ることと書くこと(続)

闘病記の続きです。

一進一退を繰り返していた木曜日。
このまま坂道を下ってしまうのではないかとの一抹の不安が過ぎった。下り坂は嫌いではないが、今回は別との理性が働いた。そこで、勤め先で人事を担当している女性に、この辺りで良い内科の先生をしらないかと聞く事にした。(1年程前に今の職場に来てから、その必要がなかったのだ。)
女性曰く、A医院とB医院。(何れも名前は伏せる。)A医院は産業医をお願いしている先生の病院で、B医院は近くの病院だが、自分はB病院に行く事にしていると丁寧な答えであった。理由はと聞けば、空いているから!空いている → 〇〇(竹の群がって生えている場所)???些かの不安を抱えつつ、扉を押したのだった。
現れたのは、ほぼ同年代と見受ける穏やかな表情をした髭の似合う先生だった。イベントの時に偶に会う、定年を期に自転車に乗り始めて2年目、いつもは一人で走っているが今日は大勢で走ってみたくて来た、イベント参加は初めて、というとても好意を持てる参加者のタイプである。
しかし、柔和な表情とは裏腹に、どうしました?という言葉で始るインタビューで、知らぬ内に、前週の悪事の数々を白状させられてしまっていたのは見事というしかない。過去に政府使節団の随行医としてアフリカを回った時に経験した症状・・・。おいおい、アフリカかよ?いえ、帰りに立寄ったパリでの出来事でした。
ともあれここで、ひとつの容疑が確定したようだ。まずは1犯の容疑者の地位を確保したわけだ。
次に、のどを見ましょう、の一言で空けた口に懐中電灯を差し込まれて覗き込まれた。あ~、赤い場所がありますね。これで、更に1犯。堂々と2つの事件の被疑者の地位を確保したのだった。
じゃ、薬を出しときますから、という言葉に送られて頂いた1枚の紙と薬局で交換してもらったのが一抱えもありそうな薬の山。その重さに改めて、犯してしまった罪の深さを実感し、うなだれつつ職場にもどったのだった。
元から小心な自分は、動転の余りその一つ一つをどういう順番で、いつ飲んだらいいのかを殆ど理解しないままに、一向に減らない薬の山を見つめつつその後も一進一退を繰り返したのだった。
[PR]

by imba_potter | 2012-02-22 20:12 | 日々のよしなし事
2012年 02月 21日

乗ることと書くこと

先週から更新が滞っていました。とっても、そんな気分になれないヒドイ状態でした。(以下、その顛末です。)

その兆候は、日曜の朝からあった。
その日、4月に行われるイベントの試走会に参加するため家を少し早めに出たあと、近くの牛丼チェーン店S家で朝食をとった。これが、週末イベント参加時の自分のスタイルだ。店員のご飯大盛無料に思わず反応して、お願いしますと言った。これも何時も通り。普段は、ご飯少なめになどと言っているくせに、自転車に乗るのを口実にして昔からの条件反射、大盛→タダ→Yesの思考回路が勝手に反応しているのだった。
異変はその後起こった。いつもの様に、納豆と生卵を混ぜてたまご納豆か、納豆たまごかを作って、真ん中に凹みを作ったご飯に乗せる至福の瞬間、のはずが。なぜか、食欲が湧かないのだ。とりあえず、急き立てられる様に胃袋に掻き込んで集合場所に向かったのだった。
イベントコースは概ね平坦な田舎道で、偶にあるダート道にはタイヤも自分も悲鳴を上げたが、相変わらずの寒さの中気持ちよく走った。そして、又お昼時。スタート前から予約してあった食堂の生姜焼き定食。20数人分を作るのだから冷めていても文句は言えない筈だが、それだけではない。丼に8分ほど盛られたご飯に箸が進まないのだ。しかし、胃袋をだましだましこれも何とかこなして、8割がたやっつけた。
a0113874_20283788.jpg

そして、帰宅。夜から猛烈な腹痛、定期的に襲ってくる吐き気でのたうちまわった。この季節、夜中にトイレに通うのは厳しいものがある。翌日以降も状態は一進一退を繰り返し、1週間経った。これ程長く患ったのは久し振りだ。それも、乗る事はおろか、書く事も出来ないほど完膚なきまでやっつけられた。
きっかけとなった原因、理由はある程度予想がついているが、ここには詳しくは記さない。唯、言えるのは今までとは違うってこと。今までは、ダウンしたレスラーが、カウントツーでお腹を跳ね上げて上から押さえている相手を見事跳ね飛ばして復活する、そんな感じの復活があった。これからは、そうは行かない。体調と相談しながら、お互いに納得し合える関係のなかで生きてゆかないといけないんだという事に気付かされた。
5年も書いていれば、ブログのネタには事欠かない。その気にさえなれば何でもネタにできるほどだ。しかし、今回は違った。書くことが重荷だった。去年ようやく60を超えて、大人になった気がしてただ機嫌よく過ごしていたが、それまで元気一杯で眩しく見えた先輩方の、恐らくは自分の知らないであろう苦労の隅っこが少しだけ見えたような気がした1週間だった。
[PR]

by imba_potter | 2012-02-21 20:05 | 日々のよしなし事
2012年 02月 11日

震災復興確認ポタ

印旛沼CRのふるさと広場までの復興工事が、2月9日までとなっていたので、完成しているかどうか確認に行って見ました。
平戸橋際の工事は終わってましたが、その先がまだ工事中で通行止めです。
a0113874_21505467.jpg

迂回路を通って、阿宗橋に至りますが、ここもまだ通行止めの表示があります。しかし、以前までの完全封鎖でないので、サイクリストの方がすり抜けて行くのも見られました。(という事は、工事は終了している?)
a0113874_2153599.jpg

その先、船戸大橋際からふるさと広場までも同じ様に見受けられました。完全封鎖ではないですが、まだ通行止めの標識がありますので、通行は表示が取れてからにしましょう。
a0113874_21552858.jpg

確かに、今日の標識は「全面」じゃなくて、「前面」というのが相応しい情況でした。あと、一息ですね。
[PR]

by imba_potter | 2012-02-11 21:56 | 自転車(ポタリング)
2012年 02月 11日

奥会津写真館

CCAの先輩、Nさんが写真を送って下さいました。自分だけじゃ勿体無いので、紹介します。
白一色。モノクロかと思いますが、柿の赤さでそれと分かります。
(入叶津)
a0113874_8195965.jpg


もっと読む
[PR]

by imba_potter | 2012-02-11 08:21 | 写真
2012年 02月 06日

立春朝搾り

「立春朝搾り」は2月4日の立春の日に、酒蔵で立春の早朝に搾った搾りたての酒を、流通ルートを通さず直接酒販店の皆さんが酒蔵に赴いて届けてくれる、春を告げる新酒のことです。日本名門酒会の加盟酒蔵の内、今年は全国38の酒蔵で催されました。
a0113874_2104495.jpg

まだまだ寒さは厳しいですが、暦はキチンと春に向けて進んでいます。
[PR]

by imba_potter | 2012-02-06 21:02 | 日々のよしなし事
2012年 02月 05日

第3回サイクリングカレッジ

今年で3回目となるCCA主催の“サイクリングカレッジ”が千葉市でありました。
今回は、順天堂大学のK先生による“サイクリングと健康について”のお話、元ブリジストンアンカー所属のプロライダー、森田正美さんの“ときめきライディングスクール”、そして先日のカナダ横断1万キロの旅の帰朝報告と、とても興味溢れるスピーカーです。
a0113874_23152797.jpg

参加者、招待者を含めて100名を超える聴衆が熱心に話を伺いました。森田さんの、実戦経験に裏打ちされたライディングの秘密、とても興味深いものでした。
(サドルをお尻のどっかの間に挟む・・・、ってのはチョッと恥ずかしくもあり、分かり易い説明でした。)
a0113874_23175489.jpg

カナダ横断のCCAの先輩Kさんの体験談、5ヶ月の苦労を30分に纏めるという無謀なお願いにも係わらず、実感溢れるお話が心を打ちました。
a0113874_23211252.jpg

最後は実費による懇親会。良く飲み、良く食べ、良くしゃべる、サイクリストの本領発揮でした。
a0113874_2322844.jpg

[PR]

by imba_potter | 2012-02-05 23:19 | 自転車(イベント)
2012年 02月 04日

冬のバラ園

少し穏やかさが感じられる日中、近くのバラ園にいってみました。まだまだ冬景色ですね。
a0113874_14412389.jpg


もっと読む
[PR]

by imba_potter | 2012-02-04 14:48 | やちよ良いとこ教え隊
2012年 02月 01日

乗り鉄

鉄道ファンの愛称ですが、最近は「小鉄」、「ママ鉄」などという微笑ましいのも増えてきたそうです。とても良い傾向ではないかと思っています。
そんな今日、いつもの下車駅を乗り過ごして終点まで行ってしまった自分に迎えの家人が掛けてくれた言葉、“あなたも「乗り鉄」ね”。はい、確かにそうです。度々のご迷惑をお詫び致しました。
a0113874_22175488.jpg

(画像は参考です)
[PR]

by imba_potter | 2012-02-01 22:19 | 日々のよしなし事