「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 30日

Dixna La・Crankを試してみる

先日の四国行の峠道で頑張って苦労した連れ合いのギアを坂道仕様に変えるのに、最初はリアのスプロケットを大きい歯数のものにしようと考えていました。

ふと思ってショップの店長に“フロントの歯数を減らすってできないの?”と聞いたところ、大丈夫との心強い回答でした。そこで薦められたのがDixna(ディズナと読みます)というメーカーのLa・Crank(フランス語の女性名詞の前に着く冠詞が付いていますが、フランス語ではありません)という製品です。

因みに、最初考えていたリアのスプロケットを最大32にすると今のフロント50-34のコンパクトクランクですと最も軽いギアの組み合わせでギア比は34/32で1.06となります。(ペダルを1回転するとホイールが1.06回転するということ)今度のDixnaは47-29という歯数ですから、同じスプロケを使って最も軽いギアにすると29/27という事でギア比は1.07となります。これはリアを最大32にするのとほぼ同等の効果が得られるという事です。そこでどちらを選ぶかという事ですが、リアを32にするとディレーラーのアームをロングゲージ(変速機のアームが長い)しないといけないという事があります。そうなると輪行する時にエンド金具で保護すべきアームがエンド金具より出っ張ってしまうという問題がでます。それはアームを引っ張ってベルクロでフレームに固定するという方法で対処できますが、輪行に一手間増える事となり、それでなくても面倒な輪行が更にやり難くなります。

という訳で、今回はLa・Crankを入れる事にしたわけです。因みに、この製品はクランク長も140mmから選べるようになっているのと、Qファクター(ペダルとペダルの間の長さ)が小さくなっているのが小柄な日本人に有利というのがキャッチフレーズになっています。しかしながら、クランク長を短くするとてこの原理で坂道を軽くする効果が減殺されますので、クランク長は前と同じ165mmを選ぶこととしました。
(before)
a0113874_177289.jpg

(after)
外見は少しギアの板の抜きが多い分華奢に見えますね。
a0113874_1782524.jpg

アップしてみましょう。
(before)
a0113874_17958.jpg

(after)
フロントが小さくなっているのが分かりますね。
a0113874_1793640.jpg

早速その効果を試しに坂道を走ってみる事としました。
簡単に坂道と言ってもここ印旛沼周辺では坂道はなかなかありませんので、印旛沼を見下ろす丘の上に登ってみる事にしました。
あれぇ、道がガードレールで塞がれています。誰かがカーブを膨らみ過ぎてガードレールをなぎ倒してしまったのですね。
a0113874_1712424.jpg

丘の上の公園までの急坂、“もっと早くても良いよ”とのたまいつつ軽やかに自分を追い越してゆきました。なるほど、効果はあった様です。
a0113874_1714196.jpg

公園での火気は禁止ですから用意だけで今日は野点はしません。
a0113874_17151563.jpg

丘の上からいつも走っている印旛沼を見下ろします。
a0113874_17315861.jpg

効果も確認できたところで向かい風の中ゆるゆると帰ってきました。
途中道の駅で休憩。ベンチで横になっていると脇を沢山のサイクリストが過ぎてゆきます。今日は連休2日目の土曜日、お父さん達も自転車を楽しんでいる様でした。
a0113874_17233569.jpg

自分も欲しいな、La・Crank、しかし2福沢諭吉+アルファはちと懐に響きますのでググッと我慢の子です。
走行距離31.0km
[PR]

by imba_potter | 2016-04-30 17:18 | 自転車(アイテム)
2016年 04月 26日

摘み取り農園で春を摘む

今日も良い天気、気温も23~24度とポカポカ陽気の予報です。サンデー毎日の身としては、今月は中盤が少しダレてしまったので今日も出かける事にしました。鯉のぼり、季節ですね。
a0113874_20313163.jpg

11時前と遅く出たので先ずはお昼にする事にしました。いつもの石窯ピザのお店、陽気に誘われてかもうテラスの席は満席でした。世の中には自分たち以外にもEDS(Every Day Sunday)な方々が沢山おられる様です。
a0113874_20324530.jpg

それではと、中の席でスモーク鶏とフレッシュトマトのピザを頂きました。
a0113874_2034458.jpg

もう1枚と2枚は食べきれなかったので一部包んでもらい、その後は初夏の日差しの中をゆっくりと進みました。いつもの場所に来ると、摘み取り農園の作物が変わっていました。さやえんどう1個3円です。
a0113874_2036459.jpg

まだ走りなので沢山はありませんでしたが、それでも20個以上を摘ませて頂いてお金は郵便受けみたいなところに払いました。金70円也。これからどんな野菜が出てくるのでしょうか、楽しみです。
a0113874_2037319.jpg

更に進んで、印旛沼を望む某所で野点にする事にしました。
a0113874_20393242.jpg

ポカポカと良い陽気、足元の草むらにはテントウムシが這っていました。可愛い。
a0113874_20403411.jpg

お腹も一杯、空は青空。草の上に敷いたシートに横になったら思わずウトウトとしてしまいました。
a0113874_20413159.jpg

1年の内で一番気持ちの良い季節、もう直ぐ5月ですね。(さやえんどうは自分の好物、たまご炒めで頂きましたが、しゃきしゃきと口の中に春の香りが広がりました。)
走行距離45.2km
[PR]

by imba_potter | 2016-04-26 20:42 | 自転車(ポタリング)
2016年 04月 26日

新緑に級友を思う

約1週間ぶりとなるご近所ポタです。暫く出ないうちに新緑も随分と伸びてきました。
田植えの準備が進む田んぼ道にはクジャク、ではなくてキジがいました。(見えにくいですが、丸の中です。)この辺りのキジは人を恐れません。
a0113874_7162282.jpg

久しぶりなので今日はのんびりポタの積りで、途中の農業センターの中のスマイルデイズでお弁当を仕入れました。
a0113874_7173432.jpg

向かい風の中とうちゃこ。とあるベンチでお弁当を広げます。
a0113874_7182923.jpg

ここは少しだけ高くなっているので印旛沼が良く見えるのです。野点開始。
a0113874_719827.jpg

新緑を見ると浮かぶ歌があります。小学校の時に習った唱歌。

♫あざやかな緑よ あかるい緑よ
鳥居を包み 藁家を隠し
香る 香る 若葉が香る♫

1942年に平岡欣之という人が作詞した、「若葉」です。戦時中とはいえ大らかな響きと若葉のみずみずしさが伝わる良い歌です。

最後の、“香る 香る 若葉が香る”のところを、自分たちはいつもいじめっ子だった「薫」君をからかって“薫 薫 ばかばか薫”と歌ってはかおるを怒らせていたものでした。その薫君も何年か前に亡くなったと聞きました。遥か遠くになった少年時代の思い出です。
a0113874_7263686.jpg

四国遍路以来体調を崩していた連れ合いの復帰1回目という事で、帰りは追い風に乗りながらゆっくりと帰ってきました。
a0113874_7283432.jpg

走行距離27.0km
[PR]

by imba_potter | 2016-04-26 07:28 | 自転車(ポタリング)
2016年 04月 16日

新しい命に力をもらう

春、この季節は生命の躍動がみなぎって老人も何となく若返るような錯覚に陥る季節でもあります。この日、風が強かったのですが最近色々と理屈を付けてはさぼりがちでもあるので、意を決して出かける事にしました。
強い北東の風に押されてふるさと広場に着きました。チューリップが見頃です。
a0113874_11122487.jpg

すっかり緑色に覆われた風車の広場では幼稚園の生徒さん達が先生にじゃれついていました。(遠くに赤く見える一群の人達は介護施設のご老人です。これまでの人生お疲れ様でした。)
a0113874_11141676.jpg

こちらには別の保育園の園児さん方が来ていました。
a0113874_11145591.jpg

誰しもが懐かしく思い出す子供の頃、随分と遠くなりましたけど。
俗に、若い人たちに元気を貰うといいますが確かにそういう事はあると最近思います。老人だけでいるとどうしても老人モードになってしまうところ、あのはち切れそうな力のみなぎりには心のどこかで埋もれたままになっている元気が揺り起こされるような気がするのです。
a0113874_11155246.jpg

そういう訳で、帰りは猛烈な逆風でしたが何となく脚に力が入るような気がしながら、しかし実際はよろよろと帰ってきたのでした。
模型飛行機の飛行場のタンポポが黄色のじゅうたんの様です。
a0113874_11285048.jpg

地元名産の梨畑では梨の花も見頃を迎えていました。
a0113874_11193259.jpg

農産物の花ですから鑑賞用とは言えませんが、その美しさは桜や桃と変わらないと自分は思います。
a0113874_11203540.jpg

今日のお昼は久しぶりにワンコイン寿司を頂きました。
a0113874_11212397.jpg

走行距離31.1km
[PR]

by imba_potter | 2016-04-16 11:22 | 自転車(ポタリング)
2016年 04月 14日

野点グッズを試してみる

桜もあっという間に終わってしまい、何か気が抜けた様な代わりに一気に若葉が伸びてきました。こんな時期は野点の道具を用意して外でコーヒーなど飲みたい季節です。という訳で、家にあった道具を久々に引っ張り出してきました。
コールマンのピークワン。30年ほど前に購入したものですが、最近はすっかり出番が無くなっていました。
a0113874_17382531.jpg

ホワイトガソリンを入れてコシコシコシ(加圧の音)して着火。強い火力は変わっていませんでした。カップは選んで買うつもりなのでそれまではホムセンで買った紙コップとホルダーで対応します。はい、出来上がり。
a0113874_17404220.jpg

次はJitenshaに乗せてどこかに行ってみることにします。
[PR]

by imba_potter | 2016-04-14 17:42 | 自転車(アイテム)
2016年 04月 12日

パナレーサーリブモ700X25Cに換えてみる

ツーリング仕様のタイヤといえば定評のあるパナレーサーリブモですが、前回MTBのタイヤをこれに換えて1,600キロのツーリングをした時もキズ一つなく頑張ってくれました。交換した時の記事はこちらです。
今回ロードバイクをツーリング仕様に変換するに際して少しだけ悩んだのが、タイヤでした。少し調べてみたところ、リブモにも700X25Cがある事が分かりました。
それではと、早速ネットで取り寄せて付けてみる事にしました。評判では随分と固くてはめにくいとの事でした。確かに他の大概のタイヤは手だけではめる事ができたのですが、今回は少しだけタイヤレバーのお世話になりました。
見かけはこういう形です。真ん中が凸型に出っ張っているのが特徴ですが、このサイズではそれはあまり目立ちません。
a0113874_21324411.jpg

これまではグランプリ4000Sの700X25Cだったのですが、ギリギリのフレームとのクリアランスが問題でした。今回は軽々とクリアしました。写真では良く分かりませんが、これまでは雨の日などはタイヤに付着した泥などがフレームに干渉するのが気になりましたがそれもOKです。
(before)
a0113874_21342919.jpg

(after)
a0113874_2135235.jpg

クリアランスの心配をするまでもなく、えっこれで25C?って思うほどスリムな形です。
a0113874_21502986.jpg

a0113874_21361594.jpg

肝心の乗り味に関していえば、それまでのフワフワした乗り心地からゴム芯の固さがコツコツと伝わるような、ある意味では乗り心地の悪い、別の意味ではパンクに対する安心感のある、そんな感じでした。(勿論個人によっては感じは違うでしょうが。)最後に、重さ的には225g→330gですから、前後合わせて210gの増加となります。これを大きいと見るか安心料として考えるか、それはお任せしますが自分的にはこれで良かったと思います。
[PR]

by imba_potter | 2016-04-12 21:46 | 自転車(アイテム)
2016年 04月 12日

旅の余韻を味わう

ツーリングから帰って丁度一週間経ちました。ようやく疲れも取れてきて平常の生活が戻りつつあります。その頃丁度旅の余韻が蘇ってくる時期でもあります。今回のツーリングでの出会い、受けた善意、好意などを反芻してみると様々な出来事が思い出されてきます。贈られた句集と銘菓、現地で送った土佐文旦、四万十の青のり、栗焼酎などを眺めながらそんな事を考えるのも自分流の旅の楽しみ方の一つでもあります。
a0113874_15181162.jpg

[PR]

by imba_potter | 2016-04-12 15:18 |
2016年 04月 11日

チューリップと大桜を愛でる

昨日より最高気温が8℃も低いという今日、気になっていたふるさと広場のチューリップと吉高の大桜を見ようと自転車を引き出しました。
途中サイクリングロードを塞いで駐車している車の群れ、見れば地元の農協の人達が水利の点検かなにかで集まっているのでした。
“もしもし、この車の停め方は如何なものでしょうか?”と自分。
“?通れますでしょ。”と農協。
“すり抜ければ勿論通れますけど、そういう問題じゃなくて場所が空いているのだからそっちに停めて貰えば皆さんが不自由なく通れるんじゃないんですか?”
“ここは農業車は通行可能なんです。”
“それは分かっています。”
と言う様なやり取りがあって、ようやく車を動かして頂ける事になりました。
最近切れる老人の事が問題になっていますね。自分も時々すれすれかなと思う事もありますが、やはり言うべきことは言う。水戸黄門様とまでは行かなくても、大久保彦左衛門も時には必要なのではないかと思っています。
a0113874_15512929.jpg

北風に逆らって走る事小一時間、ふるさと広場には沢山の人出がありました。月曜でこうなのですから週末は大変だったでしょう。
a0113874_15521983.jpg

チューリップも見頃です。
a0113874_15525290.jpg

赤や、
a0113874_15533180.jpg

白のオーソドックスなチューリップもあれば、
a0113874_1554152.jpg

最近はこういう八重咲のチューリップも増えてきている様です。
a0113874_15542910.jpg

a0113874_15544996.jpg

可愛いお猿さんが人気かと思えば、
a0113874_1672169.jpg

印旛沼のギャング、カミツキガメが獰猛そうな顔で睨んでいました。良い子の皆さんは手を出さないようにしましょうね。
a0113874_168211.jpg

シニアの自転車の方にも何人かお会いしました。これは随分と小さなフレームですね。
a0113874_15572954.jpg

テントの出店でお昼代わりのやきそばとトン汁を頂いて、次なる目的地吉高の大桜を目指しました。
大桜は台地の上にありますので坂を登らなければいけません。あぁ疲れる。しかし駐車場からは大分歩かないといけないのですが、自転車はスイスイと行くので楽ちんです。
a0113874_15562456.jpg

着きました。
a0113874_1683114.jpg

大桜は須藤さんという方の氏神様として300年前から大事にされてきたのでこの様な立派な姿になって元気なのだそうです。有難い事です。
a0113874_1601324.jpg

愛車とツーショットです。
a0113874_1615678.jpg

大桜は山桜の一種なので、ソメイヨシノが終わった頃に満開を迎えます。
a0113874_1623410.jpg

ソメイヨシノも好きですが、山桜の楚々とした雰囲気も好きです。
a0113874_162588.jpg

空も晴れてきましたが、風も出てきました。
a0113874_1610683.jpg

花散らしの風。
a0113874_1631724.jpg

吹く度にはなびらがさぁーっと舞い散ります。
a0113874_16104299.jpg

毎年繰り返される景色ですが、美しいというには余りに哀しすぎる桜の季節の終わりです。
a0113874_165135.jpg

走行距離53.3km
[PR]

by imba_potter | 2016-04-11 20:34 | 自転車(ポタリング)
2016年 04月 10日

自転車で桜を見に出かけてみる

日本全国がこの季節桜の話題で持ち切りになります。ブログでも沢山取り上げられていますね。
先日の四国遍路から帰ってきて、疲労が抜けないのとお尻も痛かったのとで自転車は掃除したまま仕舞っておいたのですが、そろそろ桜も終わってしまうかもと思い近くの図書館まで出かけてみる事にしました。
この街路樹の桜は見事だったのですが、数年前に枝をばっさり切ってしまって少し寂しくなってしまいました。
a0113874_943457.jpg

それでも花のトンネルは見事で、いつも通り抜けの車で込み合います。随分と散ってしまいましたね。
a0113874_96946.jpg

市民体育館脇の桜の花吹雪です。
a0113874_965723.jpg

村上橋の上の彫像、佐藤忠良の「太陽」です。もう一体、「緑」と併せて昭和54年に市民の寄付数千万円を掛けて設置されたそうです。
a0113874_9114835.jpg

中央図書館に着きました。
a0113874_9125761.jpg

箱モノの是非を問われた施設ですが、利用者としては大いに使わせて頂きます。
a0113874_9132944.jpg

ゆらゆら橋から新川をのぞみます。
a0113874_914667.jpg

新川沿いの遊歩道、家族連れでにぎわっていました。
a0113874_9145621.jpg

これで今年の桜もほぼ見納めになるのでしょう。毎年の事ではありますが、いささかせわしない気分になるこの季節ではあります。
a0113874_916479.jpg

[PR]

by imba_potter | 2016-04-10 09:16 | 自転車(ポタリング)
2016年 04月 06日

カーボンロードバイクでツーリングしてみる

カーボンロードバイクにリアキャリアとパニアバッグを付けて実際にツーリングしてみました。
詳しい様子は「パコのサンチャゴ巡礼日記」をご覧ください。
a0113874_18132776.jpg

[PR]

by imba_potter | 2016-04-06 18:11 | 自転車(ポタリング)