印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 25日

沖縄でお風呂に入った

帰ってきたのが遅かったので、又沖縄の事でいきます。
とある場所での事、入った早々出迎えてくれたのがこんな方です。
a0113874_23284156.jpg

そして、こんな入れ物に入っているのはお醤油。居酒屋の進化形も沖縄ではこうなるのかと、結構笑えます。(那覇市)
a0113874_23295248.jpg

[PR]

# by imba_potter | 2009-02-25 23:30 |
2009年 02月 24日

再び、花。

先日の、花・花サイクリングにコラボして、沖縄の花です。去年は1月末、今年は2月と僅かに違うだけで、結構咲いている花の表情は違っていました。
一番目についたのは、ブーゲンビリヤ。殆ど、どの家にも咲いている。(東村)
a0113874_20295417.jpg

避寒桜はもう終盤、残りの一枝です。(今帰仁村)
a0113874_2032843.jpg

珍しかったのは、マングローブの花。正確には、マングローブという木はなくて、森のことであるとは今回知りました。ヒルギの花が実を結び、樹上で根が生えて芽が出たら、落ちて足元の地面にささる・・・、何ともユニークな植物です。(東村慶佐次湾)
a0113874_20381683.jpg

しかし、余り見とれていると危険です。
a0113874_20391992.jpg

[PR]

# by imba_potter | 2009-02-24 20:42 |
2009年 02月 23日

うちなー的ぜんざいとは

走った後、どうしても甘いもので血糖値の補給をしたくなる、サイクリストなら誰でも経験する事です。そうした事の繰返しの結果として、走らないときでも甘い物にうるさくなる、これもサイクリストにある程度共通している事ではないでしょうか?
うちなー(沖縄)で、美味しいものを見つけました。
(本部町)
a0113874_22421067.jpg

(南城市)
a0113874_22431560.jpg

ぜんざいといえば、本州では暖かいも、とのイメージがありますが、ここ沖縄ではカキ氷の下にゆで小豆を中心として甘さ控えめの具が入って、氷と小豆の甘さがまったりとしたスローなフードです。見たところ、大体どこの食堂でも定番メニューとしてある、そんな庶民の日常の美味しいものを又一つ発見しました。
[PR]

# by imba_potter | 2009-02-23 22:54 | 旨いもの
2009年 02月 22日

花・花サイクリング

四街道市にあるJitenshaな人々に親しまれる“りんぐ”さん、色々なイベントをサポートして頂いています。常連さんのF森さんプロデュースによる花・花サイクリングもその一つ。9時過ぎにリングさんに集合、参加者は途中合流組みを加えて7名です。目指すは、成東市にある千葉蘭園。花の便りの沢山聞かれる房総ですが、本格的な蘭園とは嬉しいです。晴天、久々に風も穏やかな中、早速出発です。
ん?ん?、これは早いぞ。どちらかというとポタリング系のイベントを予想していたんですが、あに計らんや、30Km超の速度で巡航します。最寄の駅で、女性連を加えてからは幾分穏やかな走り、とはいえ先導のF森さんの脚力に脱帽です。
蘭園は、温暖な南斜面を利用した段々構造。世界各地からの蘭が咲いています。
a0113874_19281569.jpg

a0113874_19285728.jpg

a0113874_19293951.jpg

a0113874_19315175.jpg

華麗な蘭の間には、こんな珍客も。
a0113874_1934145.jpg

予定のtrattoria&和食のお店が休業だったのはお愛嬌。波切り不動さんにお参りして段々と強まる風に逆らいながら予定の15時過ぎ、出発点の“りんぐ”さんに戻りました。
a0113874_19362683.jpg

こうした取組み、毎回違うコース設定でご案内頂くF森さん、それを支えて頂く“りんぐ”さん、花の美しさは元より、Jitenshaを愛する人達の繋がりの嬉しさを感じた一日でした。
走行距離103.5Km 走行時間4:51:10
[PR]

# by imba_potter | 2009-02-22 19:46 | 自転車(ポタリング)
2009年 02月 21日

うちなーすば事情

沖縄には色々と特色のある食べ物がありますが、うちなーすば(沖縄そば)はその代表格です。魚系のあっさり出汁に、小麦粉とかん水で作られた独特のそばに、豚肉を中心にしたトッピングが豪華さを添えます。
前田食堂の名物はモヤシたっぷりの牛肉そば、しかし手間を惜しまないソーキそばも美味しいです。
a0113874_19364582.jpg

本島北部にあって、交通の便は決して良くはありませんが常に地元、観光それぞれのお客で賑わっています。(大宜味村)
a0113874_19383958.jpg

山原そばは行列のできる名店。確かに、その味、ボリュームは人気が頷けます。
a0113874_19405569.jpg

沢山のお客で賑わっていますが、広い店内と素早く出される絶品のそばで待ち時間は気になりません。(本部町)
a0113874_19414369.jpg

すば喫茶さえずり、お母さんがすば出し汁に2日、てびちに3日、愛情を込めて作られます。味はあっさり、上品な中に出汁がしっかり利いています。
a0113874_1948660.jpg

すばの他にも、くふぁじゅーし(炊き込みご飯)も人気です。(南城市)
a0113874_19501712.jpg

激戦区で奇をてらわず、基本に忠実に守られているうちなーすば、どれも美味しかったです。
[PR]

# by imba_potter | 2009-02-21 19:57 | 旨いもの