印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 20日

With a man's best friends

人に優しい南の島には、共に暮らす動物達にも優しい暮らしがありました。
(本部町備瀬)
a0113874_23244246.jpg

(本部町備瀬)
a0113874_2331069.jpg

(本部町渡久地)
a0113874_23261311.jpg

(今帰仁村)
a0113874_23314079.jpg

(療養中の我が家のa man's best friend に捧げます。)
[PR]

# by imba_potter | 2009-02-20 23:36 |
2009年 02月 19日

南の島にて

老人の至福のひと時か、缶ビール片手に愛犬と。(本部町備瀬)
a0113874_21592013.jpg

大型スーパーのない島では、こうしたお店がいまでも人々の生活の中心に。(本部町渡久地)
a0113874_2272634.jpg

チェーン店が進出してないので、食堂の言葉が今も健在です。(東村)
a0113874_23372918.jpg

これは何?交番です。(本部町渡久地)
a0113874_23415130.jpg

[PR]

# by imba_potter | 2009-02-19 22:14 |
2009年 02月 16日

房総のダブルトラックを激走

去年MTBの楽しさに魅せられて以来、中々機会がないまま日を過ごしていましたが、2月のじて吉イベントで房総のダブルトラックを激走してきました。同行は自分を入れて10名、何れもじて吉仲間です。
出発地点は鴨川市、4月並の陽気と伝えられるこの日、早咲きの桜はもう満開を迎えています。
a0113874_2101083.jpg

R410から側道に入って、林道を繋ぎつつ内房の保田を目指します。先日の春の嵐で路上には木の枝、ガレ石などが散乱していますが、この頃はまだ序の口。
a0113874_2153363.jpg

ダブルトラック、中級向けっていう事の意味は理解していた積りですが、激坂、ガレ石、崖、水流で抉られた路面などなど中々タフなものがあります。時々担いだりしながら、何とか遅れず着いて行きます。
a0113874_2113295.jpg

それでも、房総の山あいに見え隠れする山並み、梅、水仙などが咲き誇る里山の風景などは苦しさを補って余りある素晴らしさです。
a0113874_21152412.jpg

a0113874_21155477.jpg

走る(正確には登ったり、下ったり)に夢中で写真を撮る余裕がありませんでした。鴨川市~安房郡~富津市~鴨川市と山並みを縫う様に走って、薄闇が漂う頃ようやく出発地点に戻りました。家に帰っても、目の前に路面のアップダウンとガレ場がチラついて・・・、一種の興奮状態。無事に帰れて良かったと初めて感じた日です。
走行距離67.1Km 走行時間5:01:48
[PR]

# by imba_potter | 2009-02-16 21:24 | 自転車(イベント)
2009年 02月 16日

アドマチック佐倉

昨日のアドマチック天国は佐倉でした。他の記事の予定を急遽変更して、コラボ企画で佐倉にします。
(第14位オランダ風車)
風車に隣接して立つ「佐倉ふるさと広場」の休憩所。暖かいコーヒーや補給食が揃っていて、印旛沼周辺のサイクリスト達のオアシスです。
a0113874_23425353.jpg

(第8位蔵六餅本舗木村屋)
お店の裏の蔵には当店と佐倉の町の歴史を感じさせる貴重な品々が展示されています。お願いすれば拝観もできます。(有料)
a0113874_23491716.jpg

(第7位武家屋敷)
庭に咲いていた木瓜(ぼけ)の花。
a0113874_23515229.jpg

(夕日のオランダ風車)
色々な友人達との記憶も一杯詰まった身近な場所が紹介されるのは嬉しいものです。しかし、旨い物でうなぎが紹介されなかったのは幸いと言うべきでしょうか?
a0113874_001916.jpg

[PR]

# by imba_potter | 2009-02-16 00:05 | 日々のよしなし事
2009年 02月 14日

春一番

昨夜から今日に掛けて非常に強い南風が吹いて、気温もグングン上昇。気象台は春一番と報じていました。今年は例年より相当早いそうですが、温暖化の影響でしょうか。ふと気になって、語源を調べてみたところ実は、“春一番の語は、もともと長崎県壱岐郡(現・壱岐市)の漁師の間で使われた。安政6年(1859年)2月13日、同郡郷ノ浦町の漁民が出漁中、おりからの強風によって船が転覆し、53人の死者を出した。この事故以来、春先の強風を「春一」もしくは「春一番」と呼ぶようになり、後には全国に広まった。”のだそうです。(Wikipedia)冬の終りと、春の到来を告げる、どちらかというと明るいイメージの陰にはこの様な悲劇があったという事に想いを馳せます。そしてもうひとつの「春一番」、これも良いです。(音が出ます。)
(とある駅のロータリーには一足早い春が)
a0113874_20453655.jpg

[PR]

# by imba_potter | 2009-02-14 20:47 | 日々のよしなし事