印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 14日

長崎は今日も雨だった

(7月9日(日))
羽田発の全日空便に乗って一路西へ向かいました。行く先は…。
a0113874_17351951.jpg
はい、長崎です。(本当の目的地は更にその先にあるのですが。)
先ずホテルに荷物を置いたら、その足でお昼を食べに出かけました。直ぐとなりが中華街、先日行った横浜の中華街と比べると幾分小ぶりですがその分親しみがわきます。
a0113874_17371705.jpg
長崎といえばこれでしょう、はい。ちゃんぽんです。江山楼というこちらのお店、ホテルの紹介だけあってなかなかのお味でした。具は普通ですが、スープが濃厚な中にもあっさりとしている、これまでにない味です。
a0113874_17384766.jpg
空はどんよりとして、雨がぱらついています。流石に長崎、今日も雨みたいですね。雨の中、ホテルで借りた傘をさしてブラブラとします。ここはオランダ坂というらしいです。別にオランダ人が作ったという訳ではなく、この辺りにあった西洋人の居留地の辺りで見かける外国人を総称して当時はオランダ人(今はアメリカ人ですが)と言っていた事に依るのだそうです。
a0113874_17403462.jpg
旧居留地から見た大浦天主堂です。手前のお寺が遮ってますね。
a0113874_17421117.jpg
一旦下って、又登る。途中にもオランダ坂がありました。
a0113874_17444764.jpg
その下には孔子廟があります。オランダあり、中国あり流石長崎です。
a0113874_17460395.jpg
なんとか、かんとか発祥の地。うーん、流石です。こういうの本当に一杯あるんです、文明ここに始まれりって感じですかね。
a0113874_17464868.jpg
1865年、フランス人の宣教師によって建てられた大浦教会です。この頃はまだ1873年に禁教令が解かれてキリスト教が解禁される前の時代ですが、フランス人居住者向けに建てられたのだそうです。そして3月の落成後まもなく、隠れキリシタンの信徒の一団がが来て神父に洗礼をお願いしカミングアウトした、という信徒発見の逸話のある教会です。いわば日本のキリスト教が復活したその場所なんですね。内部は写真撮れませんでしたが、西欧の教会様式ですが日本的な細やかさの感じられるとても素晴らしいものでした。
a0113874_17504644.jpg
その後すぐ裏手にあるグラバー亭はパスして、一旦路面電車で移動して原爆関連の場所に向かいました。有名な平和公園の平和の像、北村西望作です。爆心地のすぐ近く、戦時中は刑務所だった場所に公園を建てたのだそうです。公園の前で被爆者の人が解説をしてくれたのですが、最近は日本語が通じない人が多くてと嘆きながら語る逸話には思わず目頭がジーンとなりました。
a0113874_17542560.jpg
浦上天主堂が見えます。爆心地に近かったのでほぼ全壊してしまった様です。
a0113874_17560907.jpg
偶然にも永井隆博士の旧居跡、如己堂の前を通りかかりました。もっと離れた場所かと思っていたので見過ごすところでした。
a0113874_17585321.jpg
永井博士は当時難病であった結核との戦いで自らレントゲンの被ばくをし、余命あと3年と言われていた折に更に原爆で被ばく、原爆で奥さんを失った困難な状況の中で2人の子供とこの2畳の小さな家で暮らしつつ様々な著作を通じて原爆の悲惨さ、平和の尊さを訴え続けた人です。昭和26年に亡くなる前年、ヘレンケラーもこちらを訪れています。
a0113874_18021472.jpg
そして、浦上天主堂。現在は立替えられていますが、一部に当時の像が残されていました。永井博士の著作、長崎の鐘の舞台です。
a0113874_18033158.jpg
コンビニの店名にも平和の文字が、長崎は本当にその尊さを体感する場所です。
a0113874_18053204.jpg
本当はこの後、今回の旅のメインテーマの一つでもあり弾圧の中17世紀初めに26人の信徒が磔にされた西坂によって行きたかったのですが自転車用のサンダルで10千歩歩いた足が痛くなってきたので諦めました。そして、夕飯はこちらの通りの海鮮居酒屋で頂きました。
a0113874_18074607.jpg
一日目、おわり。
走行距離 0km。



[PR]

# by imba_potter | 2017-07-14 18:08 |
2017年 06月 30日

高倍率コンデジを使ってみる

自転車の友として大体いつも携帯しているカメラですが、今はSONYのNEX-5Tというものに固定レンズを付けて使っていました。しかし固定レンズというやつは何か面白くない、本当は面白いのでしょうがそこまでの腕がない、という事で望遠を付けようかどうか悩んで(大げさです)いました。色々と考えた末にたどり着いたのが、コンデジで高倍率な機種を使ってみるでした。予算的にも望遠レンズを単体で買うのと大体同じくらいで収まりそうです。それで買ったのがこちら、パナソニックのDC-FZ85という機種です。60倍ズーム、35mm換算で20-1200mmという驚異の倍率です。果たして使いこなせるのでしょうか?
a0113874_20222085.jpg
早速もって出かけてみました。
空を飛ぶ全日空機、ズームで被写体をとらえるのは中々コツがいる様です。
a0113874_20235012.jpg
同じくP3C、沢山撮っても随分とピンボケなのが多かったですが、これはましな方です。
a0113874_20245714.jpg
よしきりを狙ってみました。木に焦点があってしまって中々鳥をとらえきれません。
a0113874_20260973.jpg
どれくらい高倍率か見てみましょう。
これが20mm、広角で撮った写真です。向こうの山の裾を一羽のシラサギが飛んでいるのですが見えません。
a0113874_20281095.jpg
アップにして見ました。真ん中からずれてしまっていますが、確かにシラサギです。
a0113874_20293073.jpg
セキレイもいましたが動きが早くて狙っている間にどこかへ行ってしまいます。
a0113874_20300819.jpg
他にもいろいろな機能が満載の様ですがなかなか使いこなすには時間が掛かりそうです。あっ、それと肝心の重さですがNEX-5Tがストラップ込みで516gに対してこちらは699gと200g弱の重量増加になりました。交換レンズですと単体でそれくらいの重さになりますので文句はいえませんが、チョッと思いなというのが実感です。重さに見合うくらい使いこなせればよいのですが。
[PR]

# by imba_potter | 2017-06-30 20:35 | 写真
2017年 06月 21日

初夏の東京をガイドする

(6月18日)
ボランティアガイドの日、今日のゲストはパリ近郊から来られた家族4人でした。とても心に残ったのは、小さい子供2人が可愛かったことです。一人は小学校中学年、もう一人は入学前です。親御さんも子供たちのことにはとても気を配っていて、希望もあったので訪れる場所でも子供向けに色々と解説をしました。
a0113874_19575936.jpg
こうして丸一日を一緒に過ごして別れ際、子供がうるうる来ているのに自分も思わずぐっときてしまいました。皆一期一会とはいえ、こうした出会いがボランティアガイドの励みになります。
18、254歩

[PR]

# by imba_potter | 2017-06-21 20:00 | 日々のよしなし事
2017年 06月 20日

横浜で巡礼を語る

試験も終わって一息ついた昨日、巡礼仲間の方に会いに横浜に行ってきました。
横浜といえば中華街、関帝廟に詣でました。
a0113874_08030806.jpg
その後レストランで美味しい中華を食べながらサンチャゴの事、四国遍路の事などなど大いに語り大いに食べました。話しが盛り上がって気が付けば3時間が経っていました。(その方が紹介されているある旅雑誌です。)
a0113874_08055295.jpg
お腹も心も満杯になったところで一旦はお開き、その後山下公園で氷川丸を眺めながらまたひとしきり話に盛り上がって次回を約してお別れしました。
久し振りの横浜、盛り上がった巡礼話、初夏の暑い日でしたが程よい疲れを感じつつ帰りました。

[PR]

# by imba_potter | 2017-06-20 08:08 | 日々のよしなし事
2017年 06月 13日

そば打ちを体験する

去年の春頃からそば打ちをやっていますが、今年も地区の蕎麦打ちの会の方から体験教室に誘われたので参加してきました。
a0113874_20081640.jpg
延ばす大きさもキチンと図解されていて分かり易くなっています。
a0113874_20093623.jpg
皆さんいずれ劣らず同年配か少し先輩の様な方々でしたが、とてもお元気で熱心に指導して頂きました。おかげで1年余りやってきた積りの自分ですが、また新しい発見が幾つかあってとても参考になりました。そして最後は打ったそばを皆さんで試食会、和気藹々と盛り上がって終了となりました。
a0113874_20125502.jpg


[PR]

# by imba_potter | 2017-06-13 20:13 | 日々のよしなし事