「ほっ」と。キャンペーン
2017年 01月 30日

映画「沈黙(サイレンス)」を見る

今話題の映画、「沈黙(サイレンス)」を見てきました。
監督のマーチン・スコセッシは「タクシードライバー」も監督した、といえば自分達の世代はなじみが湧きます。

a0113874_17285562.jpg

主題はキリシタン弾圧なので、映画評などを見ると弾圧する側とされる側、そのプロセスなど通じて日本社会の特殊性に焦点を当てたピンボケなものも目立ちますが、あくまでも主題は遠藤の原作がそうであるように神と人間がどう向き合うのか、という普遍的なテーマである事が分かります。当のスコセッシ監督が発想を得てから作品化できるまでに20年を要したというのもまた頷けるところでもあります。日米の役者さん達の名演、台湾で撮影されたという背景や溝口健二も視野に入れたという映像の美しさなど何れをとっても秀逸の出来栄えというべき作品です。ややラストシーンの描き方に違和感を感じましたが、3時間弱引き込まれるように見入ってしまいました。

[PR]

# by imba_potter | 2017-01-30 17:37 | 日々のよしなし事
2017年 01月 29日

皇居東御苑を歩く

(1月26日)
来月の予習に皇居東御苑を歩いてきました。
最初は靖国神社から始めます。巨大な鳥居に改めてびっくり。
a0113874_08512989.jpg
靖国神社の歴史は意外に新しく、明治2年(1,869年)なのだそうです。もうすぐ創建150周年の看板が目立っていました。最近は海外からの客も多い様ですが、この日も欧米系アジア系など沢山の人々がお参りに来られていました。一部には批判的な声も聴かれますが、純粋に国家の為に命をささげた先人達に感謝の気持ちを込めてお参りする事はどの時代に於いても大切な事であり、なんらやましい事ではないと自分は考えています。
a0113874_08553399.jpg
隣の遊就館に初めて入ってみました。
ゼロ戦52型が飾られています。
a0113874_08562545.jpg
ラバウルで発見された胴体と羽の一部を中心として各地から寄せ集められた部品を元に復元されたのだそうです。機体の美しさに見とれると同時にこの機体に込められた様々な人々の想いに胸が熱くなる気がしました。
a0113874_09014878.jpg
2階の展示室に移動します。
家康が堺の刀鍛冶に銘じて作らせたという大砲が展示されていました。説明によれば鍛造で作られたとか、今から400年も前の技術水準に目を見張る思いでした。
a0113874_09031833.jpg
大展示室に移ります。
人間魚雷回転、桜花などの特攻兵器が展示されていましたが胸の潰れる思いでした。
a0113874_09045181.jpg
艦上爆撃機「彗星」。
こうした通常兵器は見ていても心が乱れませんが、特攻兵器は悲しすぎてまともに見れない気がします。
a0113874_09064947.jpg
最近のアジア情勢を見るとまたぞろいやな記憶が呼び起されますが、何としても戦争はむなしいものであるという気持ちを新たにして後にしました。
歩道橋からの九段下の眺め、今から随分昔この辺りに勤務していた若き日を思い出しました。
a0113874_09083952.jpg
ここから北の丸公園を経て皇居東御苑に向かいました。蠟梅が甘い香りを漂わせて春の近づいていることを知らせています。
a0113874_09095338.jpg
北詰橋門から東御苑に入ります。
a0113874_09111868.jpg
こちらも外国人観光客には人気の場所となっています。月・金は休みなので注意が必要です。
天守台跡にもたくさんの外国人が訪れていました。
a0113874_09120474.jpg
まっすぐ行けば大奥を過ぎて松の廊下跡に出ますが、左に曲がって二の丸庭園に向かいました。
a0113874_09134242.jpg
都心とも思われない静けさと冬枯れの木立越しに見えるビル群との対比はきっと案内する外国人にも気に入られる事でしょう。
百人番所から大手門を通って今日の下見も終わり、夜の飲み会の場所に向かいました。
a0113874_09155291.jpg
直前になってバタバタと一夜漬けの癖は学生の頃から変わりませんが、少しずつ東京の知識も増やしていきたいと思っています。
14,000歩

[PR]

# by imba_potter | 2017-01-29 09:17 | 日々のよしなし事
2017年 01月 28日

東京の下町をガイドする

今日は海外からのお客さんを東京の下町に案内してきました。オランダからのお客様は八重洲がオランダ人ヤン・ヨーステンの屋敷跡に因んだ名前である事などよく知っていました。
a0113874_09054485.jpg
更に東京駅とアムステルダム中央駅が姉妹駅である事などを説明したら大喜びで写真に納めていました。(設計家の辰野金吾氏がモデルにしたという話を聞きましたが、現在は否定されているそうです。良かった。)
a0113874_09063857.jpg
そのまま歩いて皇居前広場へ。写真スポットで記念写真を撮りました。
a0113874_09081125.jpg
城門の桝形の事などを説明したところ非常に興味を示していました。西洋の築城法とは全く違いますからね。
その足で地下鉄に乗り仲御徒町へ。
a0113874_09093712.jpg
アメ横の商店街の品ぞろえには大興奮、こういう場所を喜んでもらえると案内する方としても嬉しくなります。
a0113874_09104039.jpg
不忍池の弁天堂、技芸の神様を祀っているんだという説明には首をかしげていました。技芸の神様というのがピンと来なかったみたいでした。良く聞かれるのは、提灯に書いてある文字は何なのか?という事です。今日も、これは寄付した人の名前ですといつもの答えを繰り返しました。
a0113874_09122371.jpg
上野公園では紅白の梅が丁度満開になっていました。女性の方は現在は中近東で働いているという事で、屋外でこのように咲いている花が目新しかった様で喜んでいました。
a0113874_09135536.jpg
昨日は“サムライミュージアム”というところでサムライの衣装体験をして来られたそうなのですが、本物の日本の美を見て貰おうと国立博物館に案内しました。昨日着た鎧と比べて実物の鎧が小さいのを見て、“あれはガイジン観光客用に大きくつくってあるんだな”と納得されていました。確かにそうなのでしょう。
a0113874_09162147.jpg
自分達の目で見て普通な事に海外のお客様が感動する、という事が良くあります。この日はコンクリートミキサー車が綺麗な事に感動されていました。“世界で一番きれいなミキサー車”と言っているので?と思ってみてみました。すると普通のミキサー車なのですが、外回りが綺麗に掃除されているのが素晴らしいという事なのでした。その後横を通ったゴミ清掃車にも同じように感動されていました。確かにそういえばそうかも知れませんが、少しくすぐったい様な気がしました。
最後に黒田記念館のコーヒーショップでこの日が丁度誕生日という女性の誕生祝をささやかにしてお別れしました。少しだけ風が強かったですが日差しはポカポカと暖かなまずまずの散歩日和でした。
15,852歩

[PR]

# by imba_potter | 2017-01-28 09:21 | 日々のよしなし事
2017年 01月 24日

電動アシストで下町探訪する

(1月22日)
電動アシスト自転車で東京の下町を巡ってきました。本当の趣旨は別にあるのですが、そのことについては又改めてという事でまずは東京駅から北東方面に向かいました。
こちらの自販機、とてもユニークでした。
a0113874_07230917.jpg
何がユニークかといえば、置いてあるものが・・・。プラモデル、だったり
a0113874_07240638.jpg
おでん、やきとり、上の方にあるのは?意味不明の物体・・・。
a0113874_07565845.jpg
1時間でも楽しめそうな場所でしたがそうばかりもしていられないので進みました。アニメとオタク(失礼)の聖地秋葉原。
a0113874_07582171.jpg
こんな路地裏にお邪魔しました。
a0113874_07593877.jpg
まだまだ。
a0113874_08000659.jpg
合羽橋の道具街、リアルな食品サンプルにびっくり。
a0113874_08010757.jpg
浅草はいつも人で一杯です。
a0113874_08021629.jpg
向島の牛島神社、悪いところをなでるとご利益があるのだそうです。最近物忘れが激しいので取りあえず頭をなでておきました。(もう手遅れかも知れませんが。)
a0113874_08064752.jpg
近くで見るとすごい迫力、スカイツリー。
a0113874_08073089.jpg
お相撲部屋を覗いてっと、しかし最近のお相撲部屋はどこもモダンな建物ですね。親方がガラスの向こうに見えました。
a0113874_08080902.jpg
両国の国技館前、若手の力士さんとしばし交歓させて頂きました。千秋楽、頑張ってください。
a0113874_08094072.jpg
ここでカメラの電池が終わりましたのでレポートも終了させて頂きます。残りは又改めて。
走行距離30.5km

[PR]

# by imba_potter | 2017-01-24 08:11 | 自転車(ポタリング)
2017年 01月 23日

CCAのサイクリングカレッジに参加する

(1月21日)
自転車に乗るのも腰が重くなりがちな冬の間のサイクリングイベントとして持って来いなのが千葉県サイクリング協会が毎年この時期に開く「サイクリングカレッジ」です。今年はあの今中大介氏が講師という事なので聞いてきました。
a0113874_20230456.jpg
今中氏は日本人として初めてツールドフランスに出場した人であるのは誰もが知っている通りです。その様な方が自分達の様な素人ライダーにどういう話をしてくれるのか、とても興味がありました。
色々と話が合った中で心に残ったのは、同じことを繰り返すよりは変化を付けながら練習する方が効果が上がるという事、歩く筋肉と自転車の筋肉は使う場所が全然違うので相互に補完性はないということなどでした。これからの自転車生活に生かしてゆきたいと思います。
a0113874_20255659.jpg
第2部はCCAの幹部の方による“海外サイクリングのススメ”という講演会でした。大冒険の話しではなく、身近な海外での自転車旅の事、失敗話を交えた旅の体験談やノウハウ集が大変参考になりました。
a0113874_20275938.jpg
又来年も参加したいと思います。

[PR]

# by imba_potter | 2017-01-23 20:29 | 自転車(イベント)