人気ブログランキング |

印旛沼ポタリング日記

imba.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 01日

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍(後編)

夜中に窓を打つ雨音に心を惑わされながら、眠れぬ1夜が過ぎました。無情なベルは4時半に鳴って、当日がスタートしました。朝食は炭水化物か糖類しか効果がない、と言われればそのままにご飯とジュース、そして味噌汁を美味しく頂きます。
スタート地点は宿から数キロ下ったところ、頂上で受け取る荷物を預けてスタートラインに集合します。
(興奮の余りか、指がレンズにかかってしまいました。)
a0113874_21121561.jpg

そしてスタート。チャンピオンクラスを先頭に、後は年の上の順からスタートしてゆきます。自分は、7時半を少し回った所からのスタートです。昨晩の綿密な打ち合わせ通り、スタート直後から物凄い勢いで走りぬける人達とは一線を画して、道路端をマイペースで進む事にしています。(目標は完走ですから・・・。)
最大心拍数の80%を目処として第2CPまでは順調に進みました。そこから、昨晩の打合せではキツくなると言う話しですが、どうも一杯一杯な感じでもありません。逆に、後ろが段々と気になりだしたのでここからスパートする事としました。lいきなり、最大心拍数の100%までアップ、先行するライダー達を抜きに掛かります。残り5Kmで恐らく60~70人は抜いたでしょうか、ゴール地点が見えてきました。
a0113874_21173787.jpg

頂上は先に到着したライダー達で一杯です。ここで、朝預けてあった荷物を受け取って、下りの装備を整えました。(約1時間の下り道、夏でも冬用のウェアが必要となります。)
a0113874_2123312.jpg

生憎、乗鞍のハイライトである北アルプスの絶景は拝めませんでしたが、完走した達成感に浸りながら下りのライダーの列に加わります。
a0113874_21472937.jpg
チョッとピンボケですが、証拠写真をパチリ。
a0113874_21255691.jpg

下り坂はキツさはないですが、小一時間も握り締めるブレーキに手が固まってしまい、上手く力が入らなくなります。先行したライダーさんが不幸にも止まりきれず自転車もろともガードレールの下に転落した現場も見ました。くれぐれも要注意です。そして、スタート地点で計測チップを返却、今日のイベントは無事終了しました。
結果、2時間台の前半。元々完走を目標としていましたので、大満足と言うべきでしょう。もし、次回参加できたら、前半のペースをもう少し上げる事で2時間前後も展望したいな、というのが感想です。ともあれ、無事ゴールできた事に喜びを感じつつ、帰りの車に乗り込みました。

by imba_potter | 2009-09-01 22:04 | 自転車(イベント)


<< 全日本マウンテンサイクリングi...      全日本マウンテンサイクリングi... >>